「立花聡のベトナム」カテゴリーアーカイブ

ベトナムの不動産投資、供給過剰のリスク増大中

 最近ほぼ毎日のように、メールボックスにはベトナム不動産物件の最新販売情報が舞い込んでくる。

 一昔の中国に見られた光景ではあるが、ベトナムもいまやバブルの真っ最中というわけだ。友人からも、ホーチミンに不動産投資はどうかと意見を求められたりする。

 まず、一言で言ってしまえば、いまのベトナムは不動産を作り過ぎ。総量的に需要は確かにあることはあるが、中国市場ほどのスケールがないので、供給過剰のリスクが潜んでいる。

 次に、公共交通の開発が遅れている。ホーチミンのメトロ1号線の開通は、当初予定の18年から20年にずれ込んでいる。さらにメトロ2号線はもっとひどい。当初計画では、16年着工19年完成、20年運行開始の予定だったが、土地収用の難航や設計調整の問題で、完成は24年にずれ込む見込みになっている。

 私が2年前、外国人に不動産所有権を開放する法改正と同時に、ホーチミンの2区にプレビルドのコンドミニアムを購入した。物件はあと2~3か月で完全竣工し、引き渡しには問題がないとされているが、隣接する1号線の駅の稼動は当分先になる。物件の相場はもちろん購入時に比べて上昇はしているが、大幅な上昇にはなっていない。メトロ開通の遅れも主因であろう。

 にもかかわらず、いろんな物件の開発が次々と行われている。おいおい、ちょっとやり過ぎじゃないかと言いたくなる。そんなところで、2軒目の物件に手を出すつもりはまったくない。

我が家でベトナム・ナイト、来馬の友人家族を迎えて

 昨晩、クアラルンプールの自宅でベトナムからの友人を迎えて、食事会を催した。

 先日ハノイで、ベトナム人マネージャー研修通訳でお世話になったリィさんとご家族が旅行で来馬。それに当社新人ベトナム社員もちょうどマレーシア研修中なので、合流してのベトナム・ナイトになった。

 ガーデン・バーベキューでビールや日本酒で盛り上がり、あっという間の3時間。次回訪越の際、是非自宅へとのご招待までいただいた。もちろん喜んでご招待を受け入れ、お邪魔したいと思う。

 ベトナムとのつながりがどんどん深まることで、いろんな新たな勉強ができて本当に嬉しい。

ベトナム事務所、社内研修は自律性にフォーカス

 10月12日(木)、ベトナム現地法人の社内事務と社内研修。

 昼前は事務所の館内移動。増員に伴うちょっとしたスペースの拡張。パソコンも電話もまだ設置されていない事務所で記念写真撮影。

 私は固定費にとてもシビアな経営者だ。陣容拡大に興味がなく、社員1人あたりの労働生産性を最重要視する。もちろん自分の労働生産性も含めてだ。

 午後は新入社員の社内研修。仕事の内容よりも、仕事の目的を入念に説明する。目的を理解したうえで、社員が自律的に最適な働き方を見つけ、仕事の内容を作り上げてほしい。演奏よりも作曲だ。

 夕方、会社から抜け出してハノイの日本大使館で衆院選の在外投票。夜はハノイ市内の韓国焼肉店で食事。

 これで1週間のベトナム出張が終了。

在越日本大使館で一票投じる、有権者の責任を語れ

 10月12日(木)夕方。ハノイ出張中の私は、在ベトナム日本大使館で衆院選の一票を投じた。

 私は自民党を支持する。安倍一強は、馬鹿野党の所産。強者の弱化よりも弱者の強化。野党が本当に国家国民のために安倍政権よりも現実的でベターな政策を打ち出せたら、安倍政権は自壊する。残念ながらそんな器ではない。

 私にとって、消去法的に自民党、安倍政権しかあり得ない。

 日本国家国民のことを真剣に考え、理性の一票を投じる皆様に敬意を表し、心より感謝申し上げたい。政治家の責任を語る前にまず有権者の責任を語れ!

居眠り一睡もさせない研修会、大成功ながらも課題山積

 2日間のベトナム人マネージャー研修が終了した。

 「いつもの研修なら居眠りでしたが、今回の2日間、まったく『一睡』もできませんでした」「こんな面白い研修、参加したことがなかった」「人生もキャリアも何か変わったような気がします」・・・。

 受講生たちのフィードバックが私に対する最大級の賛辞だった。これ以上嬉しいことはない。本当に嬉しい。初のベトナム人人マネージャー研修、どうやら大成功だった。

 ただ問題がないわけではない。2日間の研修で、数々の課題が浮上した。そもそも論になるが、マネージャーとは何か。従業員の年次延長なのか、それとも経営者の一員か。

 本質的な部分。経営幹部の候補選抜なら、まだまだ入口の一歩手前くらいしか到達していない。完全な経営者目線の育成、本人たちだけでなく、上司や会社、制度など多元的な要素が絡んでいる。

 山積の課題を抱えて、次の一歩を踏み出したい。

ベトナム人幹部研修、事例学習で激論繰り広げられる

 連日の研修会。ホテル監禁状態が続いている。ベトナム人マネージャー研修は丸2日。幸いにも逐次通訳が入るので、少し休める。

 あとはびっくりされるのは教材がないこと。当日その場の受講生の状況によって臨機応変に研修内容を変えるからだ。実際に職場の事例が上がった場合、その事例を使ってディスカッションが始まる。

 さらにそれが呼び水になって、新たな課題や事例を引き出したりすることもしばしば。身近な事例で議論が活気づくことは何よりも研修効果を上げてくれる。

 1日目の研修は、社員旅行の予算問題が事例学習となり、両グループが激論を繰り広げてくれた。素晴らしい。

<続き>

ハノイのオペラハウス、驚きのサーカス観劇

 10月8日(日)、移動日兼勤務日。正午すぎにハノイ到着。ホテル日航ハノイにチェックインを終えると、仕事開始。面接数件、セミナーのベトナム人通訳者やITシステム開発の業者責任者との打ち合わせ。

 夜はハノイのオペラハウスでサーカスの観劇。オペラハウスは二度目。立派な歴史的建築物だ。驚いた点はいくつもある――。

 まずドレスコードは実質的に自由。自分は一応クアラルンプール同様の南国モードで半袖シャツともちろん長ズボンに皮靴。だが、いざ劇場に入ってみると、短パン、サンダル、Tシャツ、何でもあり。

 サーカスというのもあって、子供が多いこと。家族連れで1つの席に子供3人も座らせる、ちょっとしたサーカス状態である。ベトナム名物のバイク乗りを思い出せば、誠に微笑ましい風景である。

 あとは、上演中でも写真撮影が完全自由。前の席にカメラを固定してビデオ動画撮影する人もいる。フラッシュをたく人もいる。まあ、この国の流儀なのだろうか。私も便乗して数枚撮らせてもらった。もちろんノーフラッシュ。

 演目は民族的、一部社会主義的な色彩を残しつつも、面白い。疲れが癒された。

丸1週間のベトナム出張へ、8割人生の勧め

 10月8日(日)朝、クアラルンプール発のマレーシア航空MH752便でハノイへ向かう。

 丸1週間のベトナム出張はこれまでの最長記録。案件が多い。そのなかベトナム人中堅幹部研修が2日間、日本人管理職セミナー半日、顧客会食やスタッフ社内打合せも入っており、予定がだいぶ詰まっている。

 ベトナムの仕事、本格的に取り組んで2年弱。一応の形にはなってきた。とはいえ、50代に入った人間として、今後むやみに仕事を増やしたいと思わない。

 何事もほどほどに、働くこと即ち美徳とは自分はそう思っていない。ベトナム人は勤勉だと言われているが、私から見れば彼たちはまず人生に2~3割の余裕をもたせて、その7~8割の枠内で頑張っているわけで、結構な余裕を見せている。

 日本人は10割いっぱい自分を追い詰めるから、いけない。

 人生は砂漠のようなものだ。砂漠を車で走るとき、まずタイヤから少し空気を抜いておかないと大変危険だ。タイヤの接地面積と変形自由度が大きくなることで効率よく走りやすくなるからだ。人生もまた然り。

ベトナムで「立花塾」スタート、幹部中堅育成研修

 世間にはマネージャー研修が数多くある。研修を受けさせてもなぜか効果が薄い、あるいは長続きしない、そうした苦い経験をもつ管理職が多い。故に、研修はまず、実効性に着目したい。

 この研修はたった2日間で終わるわけではない。研修終了後の実効性を検証しながら、次のステップにつなげて行くため、受講生の上司も巻き込み、職場でのフォロー役をお願いする。

 ベトナム人幹部・中堅社員には、企業が大きな期待を寄せながらも、ミスマッチな部分が出てきたりする。期待される責任感や役割、あるいは結果とのギャップは、どういう原因でどのように生まれたのか、そしてどのようにしてこれらの課題をクリアし、彼らの段階的な成長を実現させるのか・・・。

 このような課題を念頭に置き、「立花塾」幹部・中堅育成クラスベトナム版の製作に取り掛かった。このたびはまず第1期第1回目、10月10日~10月11日の両日ハノイで開催する。私が2日間、ベトナム語通訳を介して講師を務めさせていただく。

<研修の主な予定内容>
 ● 「考えて働くこと」と「サバイバル」
 ● 企業組織の構成員・リーダーとしてのあり方
 ● 思考回路と思考力の基本
 ● 問題はどこか?原因究明のアプローチ
 ● 課題の特定と最適解決策の決定
 ● ビジネス現場におけるロジカルシンキングの実践的活用
 ● 経営とは?会社経営の仕組み
 ● 経営者目線とは?
 ● 結果を求める、利益を上げる仕組み
 ● 経営的視点からのコスト意識と管理会計の基本

<研修後フォロー>
 ● 研修結果報告の送付
 ● 受講生の変化確認
 ● 課題抽出・ステップアップ

 お問い合わせ・受講のお申込みは、こちら