「立花聡のコンサルティング業務」カテゴリーアーカイブ

上海でビザイア社趙会長と会談、コンサルの新業態検討

 10月29日(日)。クアラルンプール早朝発のマレーシア航空MH388便で、午後上海到着。夕方、虹橋錦江ホテルにチェックインしたら、すぐに部屋でミーティング開始。

 第1ラウンドは、ビザイア社の趙会長と田中社長。面白いことに、趙会長との初対面出会いは、数ヶ月前の上海浦東空港だった。入国を済ませたところ、「もしや、立花先生?」と声をかけてきたのは趙会長。偶然にも同じベトナム発の便に乗っていた。

 数分間の立ち話で今度ゆっくり話そうと約束したことが今回で実現した。正直日本語ビジネスコンテンツ関係のメディア事業をされていることは理解したが、今回の話でそれを超えた内容を聞かされた。

 アジア対象とする日本語ビジネス情報をよりアクセスしやすい状況にし、クラウドテレビ会議・セミナー・顧客コミュニケーションといった包括的プラットフォームを構築する、このような事業であった。

 というよりも、ちょうど良いタイミングに、私が考えていた自分のコンサル事業の形態変革とぴったり一致する部分がたくさんあったのだった。

 いま、中国とベトナムの2拠点をメインにしているだけでも、かなりハードな状態になってきている。何よりも、物理的な移動にもっとも時間や労力、金銭的費用がかかっている。これもひとえに対面という形に拘ってきたからだ。

 同じ中国でも、たとえば広州や重慶からリクエストがあっても、応えられない。アジアでも、ジャカルタやバンコク、あるいは西アジアのインドに目を向けようとしても、やはり物理的な制限で限界を感じている。さらにいえば、アジア地域の日系企業の現地従業員教育など、挙げたらきりがない。

 この制限をどうやって突破できるか、最終的にコンサル事業と最新のIT技術との融合にしか答えが見出せない。と、私がいま描いている事業像、それが趙会長のビザイア社との連携によってどこまで実現できるか。私にとって、大きな楽しみが1つ増えたといえる。

コンサル会社のIT経営変革、モデル模索中

 2日間、ITの勉強に専念。社内基幹システムのプラットフォームの方向性がほぼ決定。

 それだけでなく、自社コンサル事業のIT経営変革モデルも見えてきた。顧客企業を巻き込んだIT環境の構築を考えるようになった。

 セミナー、レポート配信、メール・対面という現状の3大ツールに段階的に革命的な改革を施す。即時性と共有性による高付加価値の付与。いくらでも可能性があるじゃないか。

 eラーニングも引っ張り込みたい。このままだと、コンサルタントとして何歳年を取っても、仕事を続けられる。嬉しいのか悲しいのか・・・。いや、面白い。面白過ぎる。

「アジア・プラス・チャイナ」時代へ、変化迎え入れる

 中国出張中。Yahoo検索に続き、今度メッセージアプリ「WhatsApp」も遮断され、使えなくなったようだ。

 短期出張とはいえ、日々の情報サーチや関係者とのコミュニケーションは、深刻なストレスだ。焦燥感に駆られてイライラしてどうにもならない。早く出張を切り上げたい。

 当社の上海事務所はいままで中国やベトナムを含めて、アジア業務の統括事務機能をもっていたが、それを逆にアジアに全面移管することは不可避で、今回の出張もその事前調査が目的であった。もちろんコミュニケーションの問題だけでなく、様々な要因が絡んでいる。

 上海事務所の規模縮小、弁護士等実戦部隊のみを残し、事務機能を来年末までにクアラルンプール事務所と、一部ハノイ事務所へ集約し、移管する。私の定例中国出張は、従来通りで変更なし。方向性はほぼ決定した。

 「チャイナ・プラス・ワン」というのが、「アジア・プラス・チャイナ」になる。時代の変化は、必ずしも悪いことではない。これを契機に新たな機会を見出すのが、経営の醍醐味だ。

ハノイ到着、ベトナム出張頻度アップへ

 7月23日(日)、移動日。クアラルンプール発のベトナム航空VN680便で、21時過ぎにハノイ・ノイバイ国際空港到着。

 22時30分、定宿のホテル日航ハノイにチェックイン。このホテルはもうあれこれ2年以上使っていると、フロントからベルボーイまでほとんど顔見知り。日系ならではの安心感、ありがたいものだ。

 今回はハノイ2泊だけで上海へ向かうのだが、12月からはベトナム定期出張の頻度を上げ、滞在日数も追加する。おかげさまで、ベトナムは顧客も仕事も順調に増えている。本日24日のハノイ・セミナーも満席開催。

 ベトナムは全体的に上昇気流に乗っている。

上司否定ほど嬉しいことない、部下の成長を喜ぶ

 先日、某顧客の問題解決に私がA案を提出したところ、部下のZさんがB案を出してきた。

 よく見ると、B案はA案に対する修正や補足よりも、本質的にA案を否定するものだった。早速その根拠を読んでみると、1、2、3と演繹的な論証が理路整然と並べられている。私のA案よりも、顧客企業側のリスクがさらに軽減できる提案である。また中国の現状をも十分に折り込んだところが特に頷ける。

 早速顧客企業に再コメントをする――。私のA案よりも部下のZさんのB案の優越性を説明し、B案を推奨したいと、事実上のA案撤回とした。

 部下に否定されるほど嬉しいことはない。上司の不快を買うリスクを背負っての進言、世の中これ以上の忠誠心はあるまい。顧客に対する忠誠心だ。顧客に対する忠誠心はすべてを凌駕する。それが経営者である私の価値観と経営理念に完全合致する。

 B案を読んでいると、A案を明確に否定する表現、特に私は嬉しい。私は欧米企業出身のせいもあって、回りくどい社交辞令よりも、歯切れのよい意思表明を好む。情緒的な形容詞使用よりも、ロジカルな論証を好む。いずれもクリアしたB案の提案意見だった。100点満点。

 ありがとう、Zさん。心から感謝する。

真似だけで失敗する、ベトナムでも繰り返す

 顧客というのは、いろいろある。数千万円を払ってくれる大案件依頼の顧客もいれば、セミナーだけ出てそこで仕入れた内容を元に真似して自らやろうとする顧客もいる。

 これもあれも客で差別するつもりはない。とはいえ、ただ本当に差別がなければ、たくさん払っている顧客には不公平であるから、やはり差別があってしかるべきだ。と、私は常に意識しているのである。そういうことを公言するのとしないのと、それだけの違いだが、やはり言ったほうがよいだろうと最近公言しているのである。

 10があって、10まで言うか、8、あるいは5か6あたりでとめてしまうのか。やはり差がある。これまで5か4あたりまで聞いてすべて聞いたつもりで自らやった会社は何十社もあるが、なかに酷いことになっているのもある。大変痛々しい。

 繰り返し言っている。危険であるから、下手な真似をやめようと。ちょっと聞いただけで、自分の手柄のごとくやって大失敗する会社はすでに複数出ている。これからも出るだろうと、やめた方がよかろう。と叫んでいても、一向に聞く耳を持たないものが多い。

 中国であったように、ベトナムでも失敗する会社はこれから出てくるだろう。知財権というが、やはりこれを尊重しながら、やってもらいたい。資本主義社会というのは、そういうものだ。

2000時間セミナー講演暦、初の受講者「帰れ」コール

 昨日のホーチミン・セミナーで、ちょっとした出来事があった。

 某日系企業の日本人管理職某氏が質問してくる。「われわれの会社では、Aという人事管理のやり方でやってきましたが、それは問題ないんですよね」

 立花 「Aのやり方ですと、○○××の不都合が生じるリスクがありますので、Bのやり方でやればそのような不都合が解消できます」
 某氏 「でも、うちはずっとAのやり方でやってきたし、問題ないはずですよね」
 立花 「私は不都合のリスクを指摘しているだけで、もちろんAかBかその最終判断はお客様次第ですが」
 某氏 「だから、Aのやり方でいいんですよね」
 立花 「いいえ違います。申し上げましたとおり、私はAのやり方がいいとは思っていません」・・・。

 しばらくたつと、不快そうな表情で某氏がまた切り出す。

 某氏 「このセミナーで出てきた○×の話、理解できません。どうして詳しく説明してくれないのですか」
 立花 「ご案内したとおり、今日のセミナーの主題は、○×ではなく、△□でして、テーマから外れることはできません」
 某氏 「それは、理解できていない内容があるんですから、喋ってくれないと困ります」
 立花 「これもご案内したとおり、これはシリーズセミナーですから、○×について、次の開催にぜひ出てください。今日のテーマに関連する部分だけはこうして説明していますが」
 某氏 「シリーズだからこそ、過去の内容をまず冒頭にすべて説明してくれないと、困ります」
 立花 「たとえば12回シリーズで、12回目に過去11回分を全部お話をしたら、12回目を話す時間がないどころか、11回分を全部話す時間も到底足りません。さらに言いますと、全シリーズに出ているお客様もおられますので、毎回毎回過去の内容を蒸し返すわけには行きません」
 某氏 「だから困るんですよ。蒸し返さないんだったら、その旨を明示してくれないと困るんですよ」
 立花 「ご案内には、シリーズ回数とそれぞれの主題を明示しておりますが」
 某氏 「そういう問題じゃないんでしょう。過去回数の内容が分からないと、困るんですよね」
 立花 「もう、お客様、帰ってください。セミナー代金を返金します。すぐ、この場で帰ってください」
 某氏 「そこまで言う。はっ、お客さんを追い出す。そこまで言う」
 立花 「そこまで言います。帰ってください。ここから出て行ってください。このようなお客さんは要りません」

 コンサルタント暦10数年、セミナー総時間数2000時間近く、延べ受講者数1万4000人。受講者に途中退場してもらったことは今回が初めて。

ベトナム業務は拡張期入り、ホーチミン出張と中部回り

 4月26日(水)、移動日。上海浦東発のベトナム航空VN523便はなんと2時間遅れてホーチミンに到着。

 今日から、ホーチミン出張3泊。セミナー1件、相談3件、打ち合わせ会食1件という予定である。2015年秋に始動したベトナム現地法人の業務は、1年半でだいぶ伸びてきた。いよいよ現地事務所の段階的な増員拡張が必要になってきた。

 今年10月の国会承認を予定しているベトナム労働法改正を控え、日系企業の人事労務管理も人件費コストの課題を抱え、変革期に入ろうとしている。中国でのノウハウを最大限に生かし、顧客企業の経営戦略の策定に適正な提案・モデル構築にこれから取り組んでいくつもりだ。

 もう1つの課題は、ベトナム人の中堅育成だ。これも10月に当社独自の研修プログラムをリリースする予定だ。ベトナム業務はますます忙しくなりそうだ。

 今回のホーチミン出張後は、ゴールデンウィーク連休を使って、ベトナム中部のフエを回り、ダナンでの社員旅行で懇親を深める予定になっている。楽しみだ。

悪口毒舌怪物の自己弁解

 先日、ある友人に言われた――。

 「立花さんの悪いところは、人の悪口を言うこと。立花さんの良いところは、当人の前でも後ろでも同じ悪口を言うこと」

 確かにそういう傾向がある。とはいっても、「悪口」は実はいろんな形態がある。事実無根の悪口なら誹謗中傷になるので、訴えられても文句を言えない。一定の事実に基づく批判なら、私からすれば「悪口」の範疇に入らない。

 某顧客の海外現地社長を前に、私は、「あなたは社長に適していません。理由を申し上げましょうか」と言ったら、先方が「もう結構です」と顔を真っ赤にして打ち切った。「聞く耳お持ちでない。やはり適任ではなかったのですね」という私の最後の一言で先方が真っ青になった。

 もちろん、その顧客を私は失った。だが、後悔の気持ちが微塵もない。「それにしても、あなたのような変わり者には、よくも付いてくるお客さんがいるわね」。これは妻が私に与えてくれた最大級の賛辞だ。

 それよりも、こんな変わり者に、よくも我が妻が27年もついてきたなあと、涙が出る。

帰途、機内読書

 3月25日(土)、上海出張最終日兼移動日。早朝6時30分、ホテルをチェックアウト、移動。8時から、上海郊外の松江にある某日系企業で企業幹部研修。12時、研修終了、浦東空港へ移動。

 15時40分、マレーシア航空MH389便クアラルンプール行きが搭乗開始。1週間のベトナム・中国出張が終了。疲れがどっと出て、席に着いて出発を待つ間に深い眠りに落ちた。目が覚めたとき、飛行機がすでに雲の上。

 一睡のおかげですっかり目が覚め、元気を取り戻した。数時間の読書タイムで、次回の研修講義の準備も兼ねて「法哲学」。法律の根本である「なぜ、こうでなければならないのか」を問うもので、いかに分かりやすく説明するか、かなり苦労している。

 法律のみならず、企業の制度も人を律するものである以上また然り。