グリーンランド(8)~帰途多難、大幅遅延で乗継不能も

<前回>

 アイスランドとグリーンランドの2週間の長旅を無事終え、帰途につく。地球の裏側から、北極圏から赤道直下までの移動はまた大変。飛行機の乗り継ぎは3回、空港1泊、機中1泊というカレンダー上3日がかりの大移動である。

 8月18日(金)早朝5時起床、5時半朝食。6時、ホテルの送迎でイルリサット空港へ。まずは、イルリサット発カンゲルルススアーク(Kangerlussuaq)経由のコペンハーゲン行き便をチェックイン。前日ウェブチェックイン済みなので、荷物を預けて手続終了。

イルリサット発カンゲルルススアーク行GL501便の機材

 グリーンランド航空GL501便のプロペラ機は、定刻通り7時20分イルリサットを出発し、8時10分カンゲルルススアークに到着。到着すると、すぐにコペンハーゲン行き乗継便の使用機材状況にチェックを入れる。これも定刻通り、コペンハーゲンから飛来する機材の到着表示が出ていた。ひとまず安心。

 10時、使用機材が着陸、駐機スポットに入ることを確認。予定乗継便は、グリーンランド航空GL780便のカンゲルルススアーク11時40分発だから、1時間半以上の整備時間もあれば、間違いなく定刻出発できるだろうと読んだ。

カンゲルルススアーク発コペンハーゲン行GL780便の機材

 しかし、私の読みが見事に外れた。モニターには「Delay」表示が出、新しい出発時刻は12時55分。1時間15分も遅延か。到着が予定時刻の20時よりも遅れて21時台になり、コペンハーゲンのエアポートホテルにチェックインして、レストランで夕食が食べられなくなる。それでも、空港で適当にサンドイッチでも買って部屋で食べればいい・・・。

 そんな私はまたまた甘かった。11時頃、モニターの「Delay」時刻がなんと、12時55分から21時55分に変わった。21が12の入力ミスではなかろうかとカウンターに問い詰めると、間違いなく夜の21時55分だった。10時間の遅延、冗談じゃない。といっても、否応なしにカウンターから食事券が配布され、しかも昼食と夕食の2回分。これで確定だ。

 遅延による待ち時間の長さよりも、さらなる疑念が持たれた。それは、3度目の遅延はあり得るかだ。コペンハーゲン発のタイ国際航空の乗継便に間に合わないリスクが生じたからだ。3度目の遅延でさらに数時間遅れた場合、バンコク便を逃がすことになる。深刻な問題だ。

 代替便で先発のコペンハーゲン行便はないかと、チェックする。結果はすぐに分かった。――ない。孤島グリーンランドの寂れた空港を飛び立って欧州大陸本土に向かう飛行機は1日1便あるかないかの世界であった。アイスランドのレイキャヴィーク行き便も出発が遅れ、アイスランド経由のコペンハーゲン行き案も排除された。

 絶望的だ。落ち込んでも仕方がない。とりあえずご飯を食べようと、もらった食券でランチを取る。チキンカレーがまあまあ美味しかった。

<次回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。