リスク管理の経済学、「未曾有」「想定外」は逃げ道

 リスク管理、あるいは、クライシス・マネジメント(危機管理)に対して企業はかなり温度差がある。非常に熱心な企業は少数ながら取り組んでいるが、大方の企業(特に日系企業)は無関心、無防備のままである。

 リスク管理にはコストがかかる。特にノウハウが皆無という前提であれば、なおさらコストがかかる。それに対してリスクの発生率はどのくらいかという命題がある。つまり、たとえば、1%の確率のリスクに数百万円、数千万円のリスク管理、防御コストをかけて妥当するかということだ。具体的にいくらかけるかを最終的に判断する必要がある。

 では、10%の確率であれば、もうちょっとコストをかけよう。それが30%になると、大きなコストをかけなければならない。といった具合に、リスク発生の蓋然性、確率とそれに相応するリスク管理コストの適正な比例関係を割り出し、確定することだ。

 この作業に必要とされる1つの重要な数字は、リスクに晒される財産の総額である。たとえば、100億円の財産に5000万円程度のコストをかけたらどうだろう、いやかかりすぎだ、では3000万円で妥当するかといった社内の議論と意思決定だ。

 そこで量で表せないものがある。それは人命だ。たとえ1%のリスクであっても、単なる財産喪失ならまだしも、人命がかかっていたら大変なことになる。それに対してもっとコストをかけるべきだろう。では、どのくらいの数字が妥当であろうか、意思決定する必要がある。

 以上述べているのは、リスク管理以前の問題で、リスク管理のための準備である。しかし、このような準備でさえ、多くの日系企業に関心をもたれていないようだ。リスク管理をしないのだったら、明確にすればいい。それも1つの選択肢だが、ただひたすら濁すのである。誰もが言い出せない。言い出した人間は、「煽っている」といわれるのがオチだからだ。

 いわゆる日本式組織の「症候群」の1つである。幸い最近、「未曾有」や「想定外」といった日本語も多用されるようになって、企業トップにはいくらでも逃げ道がある。彼自身のリスク管理はどうやらしっかりできているようだ。このような世相である。

 平和を祈ろう。誰でもいえるのだが・・・。

出張の移動とホテル館内スローライフ

 4月23日(日)、移動日。早朝クアラルンプール発のマレーシア航空MH388便は、定刻よりもやや早く上海浦東空港に到着。入国審査の自動化ゲートは、待ち時間ゼロ、手続15秒で終了。荷物もすぐ出てくる。税関チェックなし。今日はついている。

 予定より45分も早く虹橋錦江ホテル(旧シェラトン)に到着・チェックイン。余裕だ。そういうときに限って、夜は会食の予定もない。たまにゆっくりしようと、ホテルのロビーラウンジに腰を下ろしてティータイムを楽しみながら、読書。

 会食アポがないので、外出しない。ラフな格好でホテル館内の中華レストランで夕食。1人で中華を食べるのは結構難しい。1品の量が少ない料理を選ぶのに一苦労する。まずは、これだ。銀だらの西京焼きならぬ中華焼き。和風的な中華で非常に美味しい。

 肉料理は、牛リブのどちらかというと洋風煮込みである。程よい脂が乗っていて、濃厚な旨みがあり柔らかい肉だ。ブラックペーパーの効いたソースもなかなかいける。赤ワインとガーリックパンがほしくなる一品だ。とはいっても、白いご飯でもよく合う。

 ご馳走様でした。

「利己」はなぜ悪者になったか、妬み由来の内生害

 大方の日本人は「利己」に批判的だ。

 私は「利己害他」を批判するが、「利己利他」「利己無害」を大いに称賛する。利己でありながら利他するのは大したものだ。そこで、たとえ利他にならなくても他者に無害でさえあれば、そうした利己があってしかるべきだと、私は考える。

 ただ、「利己無害」は往々にして妬みの対象となる。他者のことを考えず(決して他者に迷惑をかけない)、自分の利益だけを追求する。「1人だけ良くなってけしからん」という風潮が日本社会にまん延している。

 よく考えると、「利己無害」を快く思っていないだけに、そう思っている人には一種の害ともいえるわけだ。ただその害は決して相手から直接に与えられた外来の害でなく、自分のなかから生まれるいわゆる内生の害である。

 そういう意味で、一見「利己無害」であっても、場合によっては他者の内生の害を誘発し得るものであれば、「利己害他」と分類されてしまう。いささか「冤罪」ではあるが。

 結果的にこのように、「利己」即ち「害他」という暗黙の因果関係が成就すると、「利己」は大方悪者扱いにされるのである。

 最後に付け加えよう。日本人経営者がその経営哲学でよく「利他」を唱えているが、その内実はあくまでも「利他して利己する」という「利己利他」あるいは「利他利己」に過ぎない。

3Dとノースアップの経営学、自己中心から俯瞰的大局観へ

 車運転用のカーナビ表示。3Dからノースアップに設定を変更した。

 3D表示では、運転席に座ったままの状態で左右前方をリアルにモニターリングできる。実に便利な機能だ。ただ、「自己中心」の表示でもある以上、全局・大局観を得られない。すると、道が早く覚えられない。

ノースアップ表示

 私はクアラルプールに住んですでに3年半も経過しているのに、いまだに道を覚えられない。めったに運転しないのと、世界一といっていいほど複雑な入り組んだ道路網をもつ街であることもあって、まあ、いろんな理由はあろうが、3Dナビ頼り切りという私自身の原因が大きかった。

 3D表示では目先のリアルな景色が分かりやすく、さらに「右行け左曲がれ」という音声案内があれば、何も考えなくてよい。ただひたすら指示に従って運転すれば、知らないうちに目的地に着く。その分、道を覚えない。

 ノースアップ表示、つまり北が常に上にくる通常マップ型の表示では、俯瞰的な大局観が身に付く。「自己中心」ではない分、考えることを求められる。

 ふと気付いたことだが、会社経営もまた然り。特定の組織にいると、目先の景色だけが鮮明に見えても、ついつい大局観が失われる。今現在の所在位置、行こうとする目的地、そしてルートの構成などといった重要な要素をつねに意識しておかなければ、経営や管理などはできまい。

時給1500円に上げろ、「税金使って貧困増やせ」の愚

 「最低賃金を時給1500円に引き上げろ」、またもやこの類のデモが東京であった(4月15日付「朝日新聞」)。

 1500円でいいの?簡単だ。1000円を払っていた3人の労働者から1人解雇して、2人にすればいい。すると賃金が1500円になる。その2人が1.5倍の仕事をしないといけないので、効率化を考えざるを得ない。生産性向上につながり、結構な話ではないか。

 ただ、問題は1人が失業することだ。誰がクビを切られるかというと、一番生産性の低い労働者、いわゆる弱者が真っ先に仕事を失う。弱者いじめだろう。そろそろ、市場経済の競争メカニズムを知ってもいいじゃないかな。

 「税金使って貧困なくせ」。税金は天から降ってくるものではない。税金をきつくすれば、企業や富裕層が海外に逃げる。「税金使って貧困増やせ」ということになる。

 私がフェイスブックでこれを書いたら、たくさんのコメントが投稿された。その一部を紹介しよう。

=======================================

 Tさん 「劇的な経済成長でもない限りそれが現実かと。これからの時代、この手の他力本願な人達に見ることのできる夢はますます減っていくと思うのですよね。人ごとながら心配になります」

 Fさん 「生活きついところから、自分のためにどれだけ時間とお金を自己投資できるか、だと思うんですけどね。フランスと日本はまた違う気がするけれども、でも、一部当てはまる部分はある。でも、それを政府や社会に求めて変革を待っていたら、きっと老人になっちゃう気がします」

 Kさん 「本当に1500円になった時には、ジョージアの缶コーヒーが一本300円くらいになってると思います」

 Uさん 「時給1500円で夢があるって?あまりにも小さい夢です。他人への依存から抜け出す為にどうするかを考えないでよこせと騒ぐだけならおそらく何も得られないし、変わることもないでしょうね」

 Hさん 「日本企業が、拠点をグローバル展開し始めたときから、この点を考えておくべきだった。安い人件費の国の拠点で出来る仕事を、わざわざ日本で日本人にやってもらうとしたら、その安い人件費と同じレベルの対応しか出来ないのが、企業の経済合理性。こういうことを、義務教育から教えてこなかった、日本の教育も大問題。学生には、自分への投資を最優先に行い、グローバル人材市場での価値を高めることが大切と常々教えています」

 Nさん 「南のアジアに行くとバラックのトタン屋根の下で寝ている人達を見ると、日本人って資本主義の格差社会を受け入れて生きた方が楽しいと思います。世の中は、平等じゃないし、人と違っていいんですから、貧しいなりに生きてけば良いと思います」

 Mさん 「超同感、実力主義」

 OKさん 「時給を上げるということは、個々人の業務効率、生産効率も上げるということに繋がる感覚を持たないと、人生、組織内の上を見ない人生になってしまいますね。政権政党で立場変われば滅茶苦茶いう人間が国会に多数にいるのを忘れて付き合ってるのでしょうか?」

 Yさん 「最低賃金1500円じゃなくて、1500円/時間をもらえる人になる方が真っ当な気がする。笑っちゃいます。おっしゃるように3人のうち、1人サイナラ〜ってすれば1500円になりますしね」

 Aさん 「日本で1500円以下の仕事なんかしたことないわ。Yさんの言う通り、1500円以上の仕事が取れる努力をするべき」

 HTさん 「こんな輩に限り1500円になっても、300円分しか働かないのでリストラの対象になる」

 Oさん 「今まで3人でやっていた作業を2人でやるはめになって、キツさ1.5倍。しかもついて来れない人(生産性アップが出来ない人)は失業。デモ参加者はたぶん失業組になって終了。雇う側の立場で少し考えれば気付く話ですが、それさえ想像出来ずに、こんなデモに参加する脳ミソでは、何をやっても上手く行く筈がございません」

 Sさん 「・・・反吐が出ます。どんなウルトラスーパー大富豪でも、『富は金持ちが寄越せ』との論外のワガママなんか、対応は出来ません。無視で当たり前です」

 Bさん 「『税金使って貧困なくせ』という要求は、まともに働いている納税者には認め難いです」

 MNさん 「学校教育からして平等とかルールとかばかり言う。列に並ぶ人ばかり現実を教えないからこう言う可哀想な人達をつくってしまう。貧しい人は貧しいなりにでも生きられる。東京だったら山谷や関内を見させてやったり、アジアを見たらこんなことやってられないと思いますよ。井の中の蛙」

 Fさん 「グローバル化が進むと高い賃金の国の賃金は、安い賃金の国の賃金に近づく。高い賃金の国の賃金を強引に高く維持するとその国から産業が消え、失業が増え税収が減り、国力は萎え、再配分すら富もなくなる。喜ぶのは誰?」

 HNさん 「時給1500円分以上の付加価値を逆に要求したいですね。マクロ、ミクロ経済をもっと早い段階から教育に組み込みましょう!彼らもこうしてる時間に別のことすれば時給上がるかもしれないのに・・・」

 KTさん 「時給1000円の仕事をしたい人(特に能力もいらず、楽で、その時給に見合った仕事という意味)もいますので、きちんと能力があれば1500円以上稼げますから」

 NSさん 「時給分の働きがあるか?僕が新入社員で入社した時は、時給にしたら500円程度だったけど、会社には何も利益を落としてない」

 Eさん 「1000円払っていた3人ではなく、2人のうちの1人を切って1500円にするのでないと、経営側にメリットがないですね。何もせずにお金が降ってくるわけではありませんので、今まで2人でしていた仕事を1人でできるような提案を声をあげて主張すべきですね」

日本社会の宿痾、同調圧力による魂の奴隷化

 同調圧力は、日本社会の宿痾である。

 少数派には暗黙のうちに多数派の思想や感情、意見に合わせるよう無形の圧力がかかる。それが一種の社会的規範となった以上、独裁専制統治と変わらない害悪であり、いや、むしろそれ以上の害悪だ。なぜなら、独裁専制が少数による顕在的独裁であるのに対して、社会的規範は多数による独裁であり、より強固で容易に打ち崩せない潜在的独裁であるからだ。

 哲学者ジョン・スチュアート・ミルがその「自由論」で「社会による抑圧はたいていの政治的な迫害よりもはるかに恐ろしいものになる」と指摘し、「通常、それは政治的な圧迫のように極端な刑罰をちらつかせたりしないが、日常生活の細部により深く浸透し、人間の魂そのものを奴隷化して、そこから逃れる手立てをほとんどなくしてしまうからだ」と、メカニズムを解き明かしてくれた。

 日本社会の普遍的規範として定着している同調圧力は、まさにこの種の社会的抑圧である。少数派が異端とされた以上、社会から排斥され、生活や仕事面に大きな不利益を蒙る。この種の不利益を回避するために、少数者は自ら思想や感情を抹殺しなければならない。自己迫害である

 自己迫害が進むと、自己肯定の本能が働き、自己による迫害を正当化しはじめ、やがて被害者意識を失う。迫害が本能的に行われるようになったときはまさに、魂が奴隷化されたときである。思考や分別を自ら放棄し、多数派の一員として同調を規範とし、美徳とし、同調圧力に無条件に屈し、また他者に同調圧力をかけるのである。

 多くの日本人はこのように、同調圧力の被害者と加害者の二重身分を持ち合わせ、最終的に自分の運命をも多数派の意思決定に委ね、虚構された「安心」に安心し、運命を主宰する権利をまんまと放棄してしまうのである。

悪口毒舌怪物の自己弁解

 先日、ある友人に言われた――。

 「立花さんの悪いところは、人の悪口を言うこと。立花さんの良いところは、当人の前でも後ろでも同じ悪口を言うこと」

 確かにそういう傾向がある。とはいっても、「悪口」は実はいろんな形態がある。事実無根の悪口なら誹謗中傷になるので、訴えられても文句を言えない。一定の事実に基づく批判なら、私からすれば「悪口」の範疇に入らない。

 某顧客の海外現地社長を前に、私は、「あなたは社長に適していません。理由を申し上げましょうか」と言ったら、先方が「もう結構です」と顔を真っ赤にして打ち切った。「聞く耳お持ちでない。やはり適任ではなかったのですね」という私の最後の一言で先方が真っ青になった。

 もちろん、その顧客を私は失った。だが、後悔の気持ちが微塵もない。「それにしても、あなたのような変わり者には、よくも付いてくるお客さんがいるわね」。これは妻が私に与えてくれた最大級の賛辞だ。

 それよりも、こんな変わり者に、よくも我が妻が27年もついてきたなあと、涙が出る。

緊急開催、北朝鮮危機中国関連リスク・ブリーフィング

 北朝鮮危機。中国も強く巻き込まれた。核問題が絡んでいる以上、差し迫るクライシスを目前にしてもはや、在中日系企業にとっても座視できない状況になってきている。

 4月24日(月)上海で行われる「人事労務講座第7回~賃金・職位・等級制度」セミナー冒頭部の30分は、スペシャル・セッションとして、北朝鮮危機・中国関連のリスク情報伝達と分析を行う。セミナーの終了時間は30分順延して18時とする。

 詳細とお申込みは、こちら

フリーハンド相対取引、「団体行動」嫌うトランプ氏の狙い

 北朝鮮問題。中国国内メディアを見ていると、北朝鮮批判の論調がずいぶん強まったことがわかる。中国が対米協調に舵をきった場合に、まあ、裏に何らかビッグ・ディールがあったかもしれない。

 平壌便運休・北朝鮮観光ツアーの全面中止、次は石油だろう。一部でも石油禁輸に中国が踏み切った場合、それは対北の宣戦布告に等しく、北のミサイルや核が中国にも向けられる可能性もゼロではなくなる。

 他方ではビッグ・ディールの恩恵によって、為替操作国認定から中国は逃れ、対米輸出も特別条件で米国は赤字を受け入れてくれるとなると、それはうまい話だ。

 なるほどトランプ氏はなぜTPPなどの「団体行動」「集団協定」を嫌って、二国間交渉を好むか、その理由が分かった。より自由な交渉・取引ができるからだ。密約もできる。

 故に、彼のスタンスは必ずしも、単純な閉じこもり型保護主義ではない。フリーハンドの相対(あいたい)取引がカギーなのだ。

民主主義が独裁に負ける理由、為政者の強みと弱み

 民主主義国家が独裁国家に負ける最大の理由は、ここだ――。

 1人でも人質が傷付けられ、殺害されると、政治家が直ちに責任を問われ、失脚するからだ。そこで、呆気なく独裁者テロリストに妥協する。

 しかし他方では、独裁国家の為政者は百万人も千万人も自国民が犠牲になっても一向に構わない。それが彼たちの強みだ。金正恩が9名のマレーシア人を人質に取っただけで、マレーシアは負けた。それはまだスモール・ディールだ、彼はいま数十万人規模のソウル市民を人質にしている。

 人質の人数が増えれば増えるほど、テロが強大になる。数年後、数百万人規模、数千万人規模、億規模へと人質の数が膨らむ。すると、金王朝は安泰だ。片手にシャンパン、片手に核のボタンの独裁者は、世界を奴隷にする。

 トランプ氏は数万、数十万人の市民を見殺しにした罪人になるか、世界を救う英雄になるか、それとも単なるハッタリのオヤジで終わるか、歴史のターニングポイントである。

Satoshi Tachibana Official Blog