立花 聡 プロフィール (Satoshi Tachibana)

資料-立花聡02

1964年生まれ。早稲田大学理工学部卒。LIXIL(当時トステム)東京本社勤務を経て、英ロイター通信社に入社。1994年から6年間、ロイター中国・東アジア日系市場統括マネージャーとして、上海と香港に駐在。2000年ロイター退職後、エリス・コンサルティングを創設、代表兼首席コンサルタントを務め、現在に至る。現在マレーシア・クアラルンプール在住、中国、ベトナムと東南アジアで活躍中。
2007年中欧国際工商学院(China Europe International Business School)経営学修士号(MBA)取得、2008年復旦大学法学修士号取得、2013年華東政法大学博士課程修了、法学博士号取得。博士論文「『労働契約法』無固定期間労働契約制度研究~公法介入と取引費用の視点から」

【講演・セミナー】: 2007年より1500時間超、延べ受講者数1万3000人突破
【著書】: 「最新実務解説 中国労働契約法」(中央経済社、董保華・立花聡著)、「実務対応 中国の人事労務制度」(中央経済社、2019年出版予定)
【研究・担当分野】: 中国労働法、ベトナム労働法、アジア諸国労働法、哲学、人的資源・組織行動、国際比較経営、儒教とイスラム教等
【使用言語】: 日本語、中国語、英語
【趣味】: 読書、旅行(59ヶ国・地域歴遊)、美食・粗食、酒、葉巻、クラシック音楽とオペラ鑑賞、考えること。
【事務所】: エリス・コンサルティング
【立花聡へメールを送る】: ご質問、ご意見、コメントなど、お気軽にメールをください。

Copyright © ERIS