内戦前夜か、トランプ支持者はすでに銃を手に

 アメリカ在住友人Hさんが撮影した現地の写真を、承諾を得て、掲載する。トランプ支持者たちがすでに銃を手にしている。内戦前夜のムードか。

 ライアン・マッカーシー陸軍長官とジェームズ・マコンビル陸軍参謀総長は共同声明を発表し、米陸軍の「戒厳令」参加を拒否した(12月19日付けワシントンタイムズ記事)。他の軍種の姿勢はまだ不明だが、軍の協力がなければ、民間だけになる。

 トランプ大統領が関われば、最悪の場合、逆に内乱罪や反逆罪に問われるリスクも出てくる。状況が緊迫し始めた。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。