ドッグイヤー、犬に学ぶ戦略的思考

 昨年8月生まれで、10月に我が家にやってきたハチくん(柴犬)は、体がもう倍以上大きくなっている。走るスピートも先住犬のゴン太くんを抜いた。

77982_1仲良し、庭大好きな2匹

 ドッグイヤー。成長の速い犬にとっての1年は人間の7年に相当するという意味だ。もし、人間の平均寿命が犬と同じ、7分の1に短縮されたら、どうなるのだろうか。意識も価値観も生き方も変わるだろうし、世界も変わるだろう。

77982_277982b_2平和と戦争、小さくてもやはり先住犬優位だ

 人間の平均寿命が7分の1になったら、何をするのか。いや、何をするかよりも、何をしないかを考えるのだろう。よく考えると、われわれ人間はしなくてもよいことを実にたくさんしているのではないか。

77982_3スピードが求められるこんな散歩も

 戦略とは何か。私が昔通ったビジネススクールの教授が明快に答える――「することと、しないことを決めることだ」。豊になれば、人間の欲がさらに膨らむ。これもあれも、ほしいものがいっぱい、したいことがいっぱい。物事の優先順位を決めるのが大切だと言われるが、それ以前の問題で、しないことを決めるのが最優先ではないか。

77982_4戦略的思考中?

 私も最近、しないことを決め、より「戦略的」になろうと努力し始めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。