枕の健康学、首へのフィット性最重要

 年のせいか、パソコン仕事が多いせいか、とにかく頚椎が疲れやすい。そこでやはり、枕の役割が重要だ。最近、出張中にも硬い首枕を持参している。

 私はホテルの枕を総じて好まない。見た目では大きくてふわふわして良さそうだが、実際に使ってみると首あたり後頭部の湾曲にフィットしないことが多くて、頭圧分散が悪いため、逆に疲労がたまる。朝の寝起きも悪い。

 そこで、持参の首枕をホテル備付の枕に突っ込んで一体化させて使うのだ。すると効果てきめん。思うには枕は堅いほうが良い。形状も小さくて形作りやすいほうが良い。要するにベッドのマットレスと首の隙間が埋まっている状態がほしいわけだ。

 ちなみに自宅では日本から買ってきたそば殻枕を愛用している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。