最後の決戦、共和党も民主党も絶体絶命

 トランプが負けたら、4年待って、ポンペオやペンスが政権を奪還すればいい、という人がいる。

 考えてください。今、野党、野党の民主党が、これだけ大規模な不正で政権を奪取できたのだから、今度、民主党が与党になり、あらゆる国家資源を掌握し、4年の時間で力を蓄え、中国との結託を強めたところ、4年後、大人しく選挙に負け、政権を共和党に渡すと思えるか?

 一方、民主党も分かっている。トランプがあと4年やれば、社会主義左翼勢力が一掃され、ワシントンやウォール街やシリコンバレーの沼の泥水がすべて抜き取られ、勢力を失い、党分裂は避けられない。だから、今回は絶体絶命で、これだけ大規模な不正に踏み切った。

 つまり、互いに死ぬか生きるかという、最後の戦いだ。最終的に「法」で問題解決ができなければ、「力」もあり得るだろう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。