ラブホテルからペットホテル、中国ビジネスはまだまだ行ける

 先日のプログにも書いたとおり、いま私が泊まっている無錫・太湖湖畔の「無錫霊山元一ヒルトン逸林ホテル」は、中国で珍しいペットOKの大手ホテルである。

70880_2外出時、「ペット在室中」サインを出せば客室係は入室しない

 どこかで見た数字か記憶が定かではないが、中国ペット産業市場の年間売上高総額は現在、すでに100億元規模に達していると。主要都市ではペットフードやペット用品、ペット病院、ペット美容院が急増しているし、最近ペット葬儀サービスまで出現しているようだ。

70880_3客室のバルコニーで太湖を眺めるゴン太とハチ

 ただ、ペットホテルはまだ相対的に件数が少ないし、ペットと一緒に旅ができるペット同伴可のホテル(農村部の民宿を除く)となると、探すのが至難の技。

70880_4ホテル敷地内で犬散歩する他のお客さん

 「これからの中国で有望なビジネスは何か」と、よく聞かれるが、10年前私は、「ラブホテル」と答えていた。いまは「ペットホテル」と答えなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。