微笑ましい下剋上、ブログ減量と企業生産性向上

 10月に入った。ブログとフェイスブックの投稿減量を徐々に始める。

 理由は来年1月からの当社情報サービスの変更計画に備えて、ウォーミングアップ期間に入るためだ。特に中国、ベトナム、アジアにフォーカスした情報ピックアップと解読に力を入れていく。もちろん、顧客企業向けの有料サービスなので、成果物のブログやフェイスブック併載は許されない。

 当社情報サービスの主な変更は、ニュースの選択と経営情報としての解読・活用提案にある。現在、ルーチン業務として、デイリーチェックは18紙のメディア、週間チェックは22メディア。多量の作業コストは売上げに直結していかないといけない。

 当社は管理会計を導入している。従業員も会社の売上げと利益を絶えずモニタリングしているし、全員「考えて、提案して、働く」という形態に徹している。トップである私にも、生産性向上という無言のプレッシャーがかかる。

 誠に、微笑ましい「下剋上」である。自分が目指した企業像でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。