帰途、機内読書

 3月25日(土)、上海出張最終日兼移動日。早朝6時30分、ホテルをチェックアウト、移動。8時から、上海郊外の松江にある某日系企業で企業幹部研修。12時、研修終了、浦東空港へ移動。

 15時40分、マレーシア航空MH389便クアラルンプール行きが搭乗開始。1週間のベトナム・中国出張が終了。疲れがどっと出て、席に着いて出発を待つ間に深い眠りに落ちた。目が覚めたとき、飛行機がすでに雲の上。

 一睡のおかげですっかり目が覚め、元気を取り戻した。数時間の読書タイムで、次回の研修講義の準備も兼ねて「法哲学」。法律の根本である「なぜ、こうでなければならないのか」を問うもので、いかに分かりやすく説明するか、かなり苦労している。

 法律のみならず、企業の制度も人を律するものである以上また然り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。