中国指導部への党内批判が表面化?街商経済が早くも頓挫・「14億人市場」の実態とは?

 ● 最近、中国共産党内の不協和音が徐々に表面化してきたようだ。意見相違は問題ではない。論理的な議論を踏まえて最適解を導き出すのは良いことだが、果たしてそうなっているのか。ここのところ、海外メディアが取り上げたのは、中共中央党校の蔡霞教授のある内部会議でのスピーチ。その衝撃的な内容とは?何を示唆しているのか?
 ● 李克強首相が絶賛する露天行商の「街商経済」、その正体とは何か?中国経済全体を救うことができるのか?中国経済の最悪シナリオとは何か?
 ● われわれ日本企業は「14億人市場」を追い求めているが、日本企業の製品や商品・サービスを買ってくれる消費者はいったいどのくらいいるのか?李首相いわく月所得1000元以下の中国人が6億人にも達しているが、では月所得の階層別分布はまたどのようになっているのか?日本企業が狙うべきターゲット層はどこに、どのくらいいるのか?精緻なマーケティングはきちんとできているのか?

【動画・立花レビュー】第43回 2020.6.8~中国指導部への党内批判が表面化?街商経済が早くも頓挫・「14億人市場」の実態とは?<ただいま配信中>

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。