トランプは勝つ、現時点のロードマップ

 12月8日の「避難港」(選挙結果の確定)と、12月14日の選挙人投票という2つのイベントが、キャンセルされた場合、それは何を意味するかというと、「有事宣言」とみるべきだろう。

 「平時」「有事」のモード切替えが重要だ。「有事」になれば、2018年9月大統領令の発令、戒厳令発布、反乱法発動、軍事法廷の設置、FISA裁判所の動員……、あらゆる手段が可能になる。

 最高裁にたどり着くまでは、各州の議会、裁判所、行政府で連中がやりたい放題やるだろうから、そこで逮捕者名簿が自ずと確定する。最高裁判事は9人だから、選別しやすい。現状をみる限り、5:4はほぼ間違いない。そこで4人中の約1名の判事が逮捕されるかもしれない。

 2021年1月20日、トランプ大統領は就任式に臨む。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。