食い倒れムアール(7)~またもやはしご食い、屋台で雑食とロジャック研究

<前回>

 貪食街、「食を貪る街」であるから、とことん貪って帰りたい。海南チキンカレーライスは、並盛りだったので、胃袋にはあと少しばかりの余裕がある。

 屋台だ。いろいろ食べられる。といっても、全部美味しそうだから、全部食べたいくらいだ。まず、サテ。こちらのサテはどうやら甘タレ系だが、モツも入っているので面白い。次には、ワンタン麺(ワンタンミー)。もちろん、ワンタンと麺が別々のマレーシア・バージョン。

 最後に、ロジャック(Rojak)。名前は知っていたが、食べたことがない。マレー語の「Rojak」は「まぜこぜ・ごった混ぜ」と訳す。ただ、何を混ぜるか。サラダと思えば、揚げ物や煮物、何でもあり。好きな食材を何種類か混ぜてロジャック用ソースをかけて食べる。要するに最も広義の「盛り合わせ」というわけだ。今日のロジャックは、湯葉や豆腐、練り製品系の揚げ物盛り合わせだった。

 よく分かった。ロジャックには、レシピというレシピはない。具材や調理法や盛り合わせ対象物は、千差万別。ただ、ロジャックという名のもとで概念統合されているのは、ソース。サンバルやブラチャン、タマリンド、オイスターソース、醤油などを一定の割合で混ぜる。このソース・レシピはそれぞれ独自のものがあって、面白いわけだ。

 もう、満腹。ご馳走様でした。

<次回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。