ガラス張りトイレの困惑と青空の疑惑、北京出張雑感

 ウェスティン北京朝陽に宿泊中。最近のモダンなホテルって、なんでみんな、バスルームがガラス張りになっているのだろう。

160825-1106--ウェスティン北京朝陽 (金茂北京威斯汀大飯店)

 ホテルに泊まる場合、私は夜中トイレに電気をつけておく習慣がある。寝ぼけてトイレにいくとき、不案内な場所で電気スイッチを探すのに一苦労するし、暗闇の中でぶつかったりするのも危ないからだ。

 本当はバスルームもナイトライトくらいついていれば、それだけで十分なのに、大体のホテルは普通の照明しか付いていない。それをつけておくと、ガラス越しに寝室が明るく照らされ、熟睡できない。

 本当に困る。

 困るといえば、北京で一番困るのは、空気が悪いこと。しかし、うそのように北京の青空が美しい。ここまで美しいと逆に不安になる。何で?

160825-1233--ウェスティン北京朝陽 (金茂北京威斯汀大飯店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。