コロナ危機、安倍政権の間違いの本質とは?

 コロナ危機。安倍政権の間違いの本質は、「公衆衛生」「国家安全(national security)」の取り違えにある。

 日本の政策制定は未だに、「公衆衛生」と「経済」を天秤にかけている。世界をみても、欧米諸国はすでに「経済」を捨て、「国家安全」にすべての資源を注ぎ込んでいる。

 多くの議論はPCRの有効性や検査射程の範囲にとどまっている。これらをオリンピック開催の経済性と比較している。もう、安倍氏のあの「専門家会議」は、少なくとも半分のメンバーを安保専門家で差し替えるべきだろう。あるいはストレートに国家安全保障会議に置き換える。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。