批判排除の同調社会ニッポン、死して再生する歴史的転換点迎えよ

 私は実務家である。学界に興味をみち、ついに首を突っ込んだのは実務界よりも「アウフヘーベン」ができるからだ。少なくともそう思った。

 「アウフヘーベン」とは、「止揚」ともいわれ、主張や意見が互いに批判し、否定しながら、より高い段階、より高い次元に到達することである。「止揚」という日本語は、ある意見に対しそれはおかしいではないかと「止めて」、そこから議論し高くひらめき、高い段階・次元に「揚げる」ことを意味する。

 私が憧れ、尊敬していた学者たちは、まさにこの「アウフヘーベン族」だった。しかし、現実は違っていた。日本のなかに、批判を容認しない学者は1人や2人だけではない。某学者は、「余計な批判は必要ない」と堂々と発言した。私は、幻滅した。批判には「余計」があるのか、「余計な批判」とは何か、「余計でない批判」とはまた何か、批判を選別するのか。

 結局のところ、都合の良いものしか受け入れたくない。学界でも、「同調圧力」が強まり浸透し、批判まで選別し、拒否するとなれば、学問は死す。

 さらに酷いことがある。「批判を拒否する」という姿勢は、批判論の発信者の人格否定に立脚する。あの人(Who)が言うこと(What)だから、聞くに値しない、信用できないと。科学とは、「What」であって「Who」ではない。市井の庶民が興味本位で有名人のスキャンダル話に熱中するなら、理解できるが、学者まで「Who」に烙印を押し、「What」を封印するとなれば、それは学問を殺すも同然だ。

 「人格否定」の手法をみると、「失敗した」ことを理由にすることが多い。「失敗したヤツだから、その話を聞く価値がない」。失敗したからこそ、失敗体験を総括し、失敗の本質をえぐり出し、「アウフヘーベン」によって高次元に昇華し、成功を収める。世界を見渡して、そうした事例は枚挙にいとまがない。トランプ氏は事業に何回も惨敗しながら、大統領の座に上り詰めた人ではないだろうか。

 日本社会では、一度でも失敗したら、ただちに「失敗者」の烙印を押され、社会的存在そのものすら否定されかねない。敗者復活ルールの存在しないことが、日本社会の進化を妨害する要因になっている。失敗しないためにも、保身的になり、意見を躊躇い、同調に加担し、企業や国家が危機に直面しても、不作為に徹し、何があっても「想定外」や「未曽有」で片づける。

 学問の独立を誇りとするべき学者までも、このような俗世の風潮に同化され、社会や国家の明日、子々孫々の将来をまとめに議論できないとなれば、これほど悲しいことは、ほかにあるのだろうか。

 悲痛を通り越して憤りを禁じ得ない。日本社会の腐った秩序を一度徹底的に崩壊させなければ、おそらく軌道修正も再建もできない。ならば、コロナ危機はある意味でまさに宿痾一掃、日本再生の好機になりつつある、こう思えてならない。

 死して再生する歴史的転換点を迎えよ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。