ハノイでセミナー、ベトナム労働現場の賃金制度とは?

 5月22日(月)、ハノイの日航ホテルで「ベトナム労働現場の賃金制度」セミナー。

 号俸表の製作といったテクニカルな部分よりも、理念や戦略にフォーカスした。賃上げと忠誠心、パフォーマンスの関連性はあるのか、ベトナム人の賃金観と労働意欲・動機付けとはどのようなものか、平等や公平の考え方・・・などのアジェンダを取り上げた。

 ベトナム労働法は中国よりも、賃金の分野に立ち入っている。公権力の介入が目立つなかで、コンプライアンスに取り組みながらも、如何に制度硬直化を回避し、賃金体系の柔軟性を保つか。難関や挑戦は数え切れないほどあるが、顧客企業と力合わせて取り組みがもう始まっている。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。