中国人による中国人のための中国人の管理、セミナー開催

 中国人による中国人のための中国人の管理――。

 ヒトの管理、その根底にあるのは文化や国民性、価値観という基盤である。この基盤を軽視したあらゆる理念や管理モデル
も通用せず、失敗を喫する。われわれ日本企業や日本人が善や正、あるいは美としてきた概念を一度ゼロベースに戻し、冷徹な視線で、中国に根ざした中国式の人事組織管理の理念やモデルを注視してみませんか。

 本セミナーは複数の中国企業の事例を取り上げ、その本質や原理を徹底解明し、日系企業に参考となる方向性を示していきたい。11月27日、上海でセミナーを開催する、「秘密徹底解明、中国企業に学ぶ人事組織管理の必勝法」

<予定主要内容>
 ● ある日系企業中国人従業員の本音
 ● 中国人従業員は強いリーダーを尊敬する
 ● 会議に携帯持ち込んだ副総裁も懲戒解雇する恒大
 ● 大晦日に経営幹部クビ切り、タブーに挑むアリババ
 ● トップダウン型業績評価指標はなぜ重要か?
 ● 華為は34歳で線引きして処遇を決めているのか?
 ● 淘汰しない「下位淘汰制」の真実と効用
 ● 辞職者にはなぜ法定外補償金を支給するのか?
 ● 管理職ポストの非属人性と任期制度とは?
 ● 土着性の強い中国人従業員を転勤させる方法
 ● 功労賞なき永年勤続者、仕事なければ会社を去れ!
 ● 会社を辞めても路頭に迷わない真の人材
 ● 徹底分析、京東の人事組織鉄則14カ条
 ● 徹底分析、海爾「戦略・組織・賃金」3大原則
 ● 日系企業は何を必要としているのか?

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。