【中国語Webセミナー】最新公布!最高人民法院の労働紛争モデル判例勉強会<9/7・9/21・10/12>(C711C・C712C・C713C)

中国語セミナー・お申込みは → 中国語サイト

異例!最高裁公布相次ぐ
労働争議の指導的モデル判例
経営幹部は「司法の目線」を知るべし

 異例!今年ほど集中的な公布は過去に見たことがない。2022年7月4日、最高人民法院は第32回として計7件の指導的モデル労働紛争判例(第179号~第185号)を公布した。いずれも労働者権益保護カテゴリーに属し、各級人民法院の審理ガイドラインとして、司法解釈と適用の重要な指針となり、企業の経営幹部は「司法の目線」を確実に把握する必要があろう――。

■【日時】:(開始10分前からオンライン)
  ご都合で出席できないセミナーは開催後に動画を送付いたします。
2022年9月7日(水)14:00~15:30(中国時間)/ 15:00~16:30(日本時間)
 (1)解雇適法性の判断基準をめぐる紛争、賞与支給日前に退職した労働者による賞与請求をめぐる紛争
2022年9月21日(水)14:00~15:30(中国時間)/ 15:00~16:30(日本時間)
 (2)業績給支給における判断基準をめぐる紛争、企業による労働者権利の排除をめぐる紛争
2022年10月12日(水)14:00~15:30(中国時間)/ 15:00~16:30(日本時間)
 (3)偽装請負をめぐる紛争、就職差別となる雇用平等権の侵害に関する紛争、セクハラ被害の処理に関する紛争

■【受講対象者】: 日本・日系企業経営幹部・管理職、部門責任者・担当者等。

■【講師】: 立花 聡(プロフィール

■【使用言語】: 中国語

■【受講料】(税込):
 ○ 一般(1回受講): CNY 600元/名(中国支払)
 ○ 一般(1回受講): JPY 12,000円/名(日本支払)
 ○ 一般(2-3回受講): CNY 1,200元/名(中国支払)
 ○ 一般(2-3回受講): JPY 24,000円/名(日本支払)
 ○ 顧問C会員: 無料
 ○ 顧問A・B会員: 無料
 ○ 上記所属不明: 弊社スタッフがご案内いたします。


中国語セミナー・お申込みは → 中国語サイト


お問い合わせ:エリス・コンサルティング事務局
Website:https://www.tachibana.asia


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。