▶【视频讲座】最高人民法院劳动争议指导性案例学习会(C711C・C712C・C713C)

罕见!最高院连发――
劳动争议指导性案例
管理人员必知劳动法司法动向
  实属罕见!从未像今年这样集中发布。2022年7月4日,最高人民法院发布第32批共7件指导性案例(第179号-第185号),均属保护劳动者合法权益类案例,供各级人民法院审判参照,成为司法解释和运用的重要准绳,企业管理人员有必要掌握该等基准――。
★(1)用人单位单方解除劳动合同行为的合法性认定依据的争议、发放前已离职劳动者主张用人单位支付年终奖的争议(C711C)
★(2)绩效奖获奖条件的争议、用人单位排除劳动者权利的争议(C712C)
★(3)合作承包经营与劳动关系认定标准的争议、侵害平等就业权构成就业歧视的争议、性骚扰投诉处置的争议(C713C)

異例!最高裁公布相次ぐ
労働争議の指導的モデル判例
経営幹部は「司法の目線」を知るべし
 異例!今年ほど集中的な公布は過去に見たことがない。2022年7月4日、最高人民法院は第32回として計7件の指導的モデル労働紛争判例(第179号~第185号)を公布した。いずれも労働者権益保護カテゴリーに属し、各級人民法院の審理ガイドラインとして、司法解釈と適用の重要な指針となり、企業の経営幹部は「司法の目線」を確実に把握する必要があろう――。
★(1)解雇適法性の判断基準をめぐる紛争、賞与支給日前に退職した労働者による賞与請求をめぐる紛争(C711C)
★(2)業績給支給における判断基準をめぐる紛争、企業による労働者権利の排除をめぐる紛争(C712C)
★(3)偽装請負をめぐる紛争、就職差別となる雇用平等権の侵害に関する紛争、セクハラ被害の処理に関する紛争(C713C)

■【对象人员】: 公司高管和经理、部门主管人员等。

■【授课主讲】: 立花 聪(简历

■【购课费用】(含税):
 ○ 一般(1课程): CNY 600元(中国付费)
 ○ 一般(1课程): JPY 12,000円(日本付费)
 ○ 一般(全套3课程): CNY 1,200元(中国付费)
 ○ 一般(全套3课程): JPY 24,000円(日本付费)
 ○ 顾问C会员:免费
 ○ 顾问A・B会员:免费
 ○ 以上属性未知: 本公司将告知您。
 (以本公司现行货币换算率为准)


【视频购课申请】

* 必须填写
※ ◆ 本公司将电邮发送请款书给您。请将款项打到请款书上注明的银行账户。正式发票将在确认付款后发送/邮寄。 ◆ 确认付款后,本公司将电邮发送下载视频课程录像URL链接和课程资料(如果有的话)给您。
※ 惠里士公司尽最大努力确保您的个人信息得到适当和谨慎的管理。未经您的同意,您的个人信息不会被用于提供信息和服务以外的任何其他目的。

课程查询:惠里士咨询公司事务局
Website:https://www.tachibana.asia


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。