ジャッキーとロッキー、伝統武術の政治化にブーメランか

 西洋格闘技に20秒で惨敗した中国伝統武術の動画。最近ネット上で話題になっているし、「日経ビジネスOnline」も取り上げている。

 西洋格闘技と中国伝統武術が同じ土俵で戦う。試合の合理性を別として、まあ、いままで映画とかで中国伝統武術を神技化しすぎたのも一因ではないだろうか。

 カンフー映画もそうだが、抗日映画のなかでも、日本鬼子を含めて「悪人」を中国武術でどんどんやっつけるシーンがあまりにも日常化してしまった。

 ナショナリズムの煽動、武術を正義の代表に読み替える、いわゆるスポーツの政治化。いよいよブーメランか。平和な養生スポーツ、せいぜい護身術あたりで中性的に扱えば良かったのに・・・。

 私個人的には、ジャッキーよりも、ロッキーが好きだ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。