在越日系企業労務リスク管理課題実例学習会

 在越日系企業は人事労務分野で多くの苦労をしている。各企業の経営現場における課題をみると、これもまた多くの部分では共通している。現場の実例を挙げながら、共通の本質を抽出し、汎用性のある解答や対応の方向性を提示すべく、このたび月末の出張で、ホーチミン(1/31)とハノイ(2/1)でセミナー「在越日系企業労務リスク管理課題実例学習会」を開催する。

<予定主要内容>
 ● 法定残業時間上限超過、法的リスクをいかに回避するか?
 ● 若年層の流動性が大きく、人材定着ができない原因と対策は?
 ● 賃金上昇抑制の決め手とは?
 ● 賃金テーブルの整備、必ず押さえておきたいポイントとは?
 ● 勤務態度不良とは?労働法38条の適正解釈と悪態度労働者の処分
 ● 業務規程と労働契約上の職務遂行評価基準の設定、政令5号12条の運用
 ● 組織変更・部門閉鎖、従業員の配転を円滑化するためには?
 ● オンオフ等受注状況によるマンパワーの変動にどう対応するか?
 ● 法令の不整合と勝手な解釈・運用にどう対応するか?
 ● ホワイトカラーの生産性をどう上げるか?
   ・・・など。

 セミナー参加のお申込みは、こちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。