親中利権清算始まる、ペンス米副大統領スピーチにも示唆

 2018年10月4日ペンス米副大統領のハドソン研究所での講演をもう一度聴いてみた。この一節(YouTube版19分10秒)――。 

 「これまでの(米国)政権は中国の動きを見落としてきた。多くの場合においては、彼らの助長にすら加担してきた。しかし、その時代はすでに終わった」

 この言葉は米国にだけでなく、日本の政界に向けられたものでもある。それが現実になりつつある。日本のこの「加担者」たちに対する清算が今、始まろうとしている。

 秋元司議員逮捕は単なる序の口。IRカジノ関連は単なる第1幕に過ぎない。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。