駐在員への大気汚染手当支給、なぜ必要あるかどう支給するか

 コカコーラ中国は、外国人駐在員に「大気汚染手当」を支給しはじめた(基本給の15%基準)。当社も日系大手企業クライアント数社から「支給検討中」ということで、支給の法理的、実務的裏付けと支給スキーム確立のためのアドバイスと案起こしを求められ、今日はその作業に追われている。

 なぜ、駐在員に支給する必要があるのか。中国人従業員にはなぜ支給しなくていいのか、差別にならないか。どういう基準で支給するか。帯同家族にも支給する必要があるのか、支給基準は?支給した後でも大気汚染起因と思われる疾病に罹患した場合の対処は?・・・

 などなど、すべて根拠をつけて起案しなければならない。いやいや、マレーシアの青空とにらっめこして大気汚染手当の設計をするのも、違和感を抱えながらの作業である。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。