米国政府「クリーンネットワーク」の立ち上げとルール準拠について

 米国務長官のマイク・ポンペオ氏は2020年8月5日、「中国共産党(CCP)などの悪意ある攻撃者から国民と企業を守るトランプ政権の包括的なアプローチ」として、「クリーンネットワーク(Clean Network)」プログラムの立ち上げを発表しました。プログラムは、次に掲げる5つの取り組みから構成されています。

米国政府HP

 クリーンキャリア:中国の通信キャリアを米国の通信ネットワークに接続させない。

 クリーンストア:米モバイルアプリストアから中国製アプリを排除する。

 クリーンアプリ:ファーウェイなどの中国メーカー製スマートフォンへの米国製の信頼できるアプリのプリインストールあるいはアプリストアからのダウンロードを阻止する。

 クリーンクラウド:アリババ、バイドゥ、テンセントなどの中国企業のクラウドに米国のデータを保存させない。

 クリーンケーブル:グローバルなインターネットに接続する海底ケーブルの中国からの侵害を阻止する。

 米国は世界各国にこのプログラムへの参加を求めています。弊社は趣旨を理解したうえで、ルールに準拠し、日常の運営に取り組ませていただきます。ご不便をおかけすると存じますが、何卒ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

エリス・ジャパン株式会社
2020年8月9日

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。