「武漢研究所流出説」、バイデンの芝居を信用するな

 コロナの「武漢研究所流出説」が再燃し、にわかに注目を集めている。バイデンは、90日以内に報告するよう情報機関に指示した。研究所流出説は、トランプが主張したところで、主流メディアは、無根拠の「陰謀論」と一蹴していたが、なぜ、バイデンが突然飛びついたのか?

 いってみれば、正義の味方なりすまし、ヒーローごっこ、バイデン政権の芝居であると私はみている。

 専門家が主張しているコロナウイルス「自然発生あり得ない」「人工説」(What)は、誰(Who)が、どんな意図(Why)に基づき、いつ(When)に、どこ(Where)で、どのように(How)、ウイルスを開発したかを証明できない。

 「5W1H」が揃わないと、立証できないわけで、4つの「W」1つの「H」が欠けている。「自然発生あり得ない」ことは、「武漢研究所が開発した」ことにならない。バイデンは、立証できないし、何もできないことを承知のうえ、派手にやりだした理由は、3つある。

 ① 正義の味方、ヒーローになる。
 ② 対中交渉において有力なカードを手に入れる。
 ③ トランプの言いだしっぺを横取りして、2024年大統領選でのトランプ出馬を妨害する(「彼は口先だけ、この俺がやったんだぜ!」)。

 民主党は結構頭がいい。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。