【Webセミナー】トヨタは死せず、章男社長が見出した活路とは?<4/17>(0017)

 豊田家至上、世襲人事、ガバナンス不全、エース人材流出…トヨタの劣化がはじまった。と、ここのところメディアが揃ってトヨタ、いや正確にいうと豊田章男社長叩きに躍起した。昨年後半から、立花聡は生き方改革勉強会(前回)で立て続けに、トヨタを事例に日本企業の衰退メカニズムを説いてきた。では、仮説通りにトヨタが衰退ないし崩壊の道を歩み出したとみていいのだろうか。否!むしろ逆説的に異なるシナリオが描けるようになり、深い闇の向こうに一縷の光が見えてきた。ある「前提」の下で、トヨタ、そしてトヨタに追随する日本企業には、一本の道が開ける。その「前提」とは?そして「一縷の光」と「一本の道」とは?立花聡が全貌を解き明かす。
 立花聡の新著『「なぜ」から始まる「働く」の未来』の内容を土台にしていますので、是非、合わせてお読みください。

■【講師】: 立花 聡(プロフィール

■【日時】: 2022年4月17日(日)日本時間 15:00~16:00 (開始10分前からオンライン)

■【受講料】:無料


【受講申込】

本セミナーは終了しました

* 記入必須項目
3名様までお申し込みを承ります。
※ お客様の個人情報は、ERISは最大限の注意を払い、適正且つ慎重に管理しております。ご本人の同意なく、情報・サービス提供目的の範囲を超えた個人情報の利用はありません。管理統括責任者:ERIS代表 立花 聡。

お問い合わせ:エリス・コンサルティング事務局
Website:https://www.tachibana.asia


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。