ホーチミンでの不動産投資、投資・事業雑感

 2015年に購入したホーチミンのコンドミニアム(当時は更地のプレビルド)。建設工事現場状態しか見たことがないので、不動産管理会社にお願いして、テナント入居中の部屋を今日見せてもらった。

 綺麗なロビーにまず圧倒された。前回来た時は建設労働者雑魚寝のコンクリート真っ裸状態だった。こんなに綺麗になったのだ。円建てで計算すれば、すでに相場が3倍に上がった。賃貸利回りは8~10%なので、ダブルゲインだ。この投資は大成功だった。

 自分の投資で成功したのは、中国事業、中国株、ベトナム不動産、ロシアエネルギー。トントンなのは、ベトナム事業。失敗したのは少額だが塩漬けになったラテンアメリカ株。もう1つは、2014年本格進出直前にテインセインが敗色濃厚で、急遽中止としたミャンマー事業。これはある意味で損害回避できてよかったと自己評価している。

 ポートフォリオで考えれば、まあまあといったところだ。これから、ベトナムでは一般コンサルから戦略案件にシフトし、第二次中国事業に資源を集中投下していく計画だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。