「立花聡のセミナー」カテゴリーアーカイブ

中国人による中国人のための中国人の管理、セミナー開催

 中国人による中国人のための中国人の管理――。

 ヒトの管理、その根底にあるのは文化や国民性、価値観という基盤である。この基盤を軽視したあらゆる理念や管理モデル
も通用せず、失敗を喫する。われわれ日本企業や日本人が善や正、あるいは美としてきた概念を一度ゼロベースに戻し、冷徹な視線で、中国に根ざした中国式の人事組織管理の理念やモデルを注視してみませんか。

 本セミナーは複数の中国企業の事例を取り上げ、その本質や原理を徹底解明し、日系企業に参考となる方向性を示していきたい。11月27日、上海でセミナーを開催する、「秘密徹底解明、中国企業に学ぶ人事組織管理の必勝法」

<予定主要内容>
 ● ある日系企業中国人従業員の本音
 ● 中国人従業員は強いリーダーを尊敬する
 ● 会議に携帯持ち込んだ副総裁も懲戒解雇する恒大
 ● 大晦日に経営幹部クビ切り、タブーに挑むアリババ
 ● トップダウン型業績評価指標はなぜ重要か?
 ● 華為は34歳で線引きして処遇を決めているのか?
 ● 淘汰しない「下位淘汰制」の真実と効用
 ● 辞職者にはなぜ法定外補償金を支給するのか?
 ● 管理職ポストの非属人性と任期制度とは?
 ● 土着性の強い中国人従業員を転勤させる方法
 ● 功労賞なき永年勤続者、仕事なければ会社を去れ!
 ● 会社を辞めても路頭に迷わない真の人材
 ● 徹底分析、京東の人事組織鉄則14カ条
 ● 徹底分析、海爾「戦略・組織・賃金」3大原則
 ● 日系企業は何を必要としているのか?

叩けば埃が出る、日系企業内部不正行為セミナー開催

 11月1日(水)、上海で「日系企業内部不正行為調査と対処実務セミナー」を定員超過の満席開催。

 日系企業内部の不正行為が増えたよりも、発覚が増えたといった方が適切だろう。長きにわたってぬくぬくと巣食ってきた悪がついに何らかのきっかけで露出した、そうしたパターンがほとんどではないだろうか。経費の不正請求から、リベート収受や不正着服、利益相反取引まで、会社資産の横領を中心に不正が多岐にわたる。

 叩けば埃が出る――。経営年数を積み上げてきた大半の在中日系企業には、大なり小なりの不正が存在している。折しも中国経済・市場不況の風が吹き荒れるなか、不正事件の露出が旬を迎える、という時期ではないだろうか。

 企業内不正は個別事件にとどまらず、悪影響の波及効果が深刻だ。特に証拠不十分などによって摘発や処分できない場合、ないし一部お金まで出して問題従業員(容疑者)に辞めてもらう場合、コツコツと働く勤勉誠実な従業員たちには甚だ不公平である。中に「正直者が馬鹿を見る」で悪の道に走り出す誘発事案も少なくない。

 企業にとってみれば、いざ不正事件が発生した場合、調査活動だけでなく、確固たる証拠を入手することが困難な場合がほとんど。企業は警察ではない。捜査権もなければ、捜査のノウハウもない。本業を放り出して不正事件の調査や摘発に没頭するのがまさに本末転倒。

 このため、不正行為は摘発よりも牽制効果が機能する予防措置を最優先しなければならない。セミナーでは、他律型統制と自律型統制の構築事例として、「中国流」内部通報・告発制度、ローテーション制度、従業員主導の自浄型モニタリング制度を挙げ、解説した。

 セミナーのウェブ中継テストを今回、行ったところ、効果が悪くないようだ。来年以降は試験的に一部実施してみようと考えている。

上海でビザイア社趙会長と会談、コンサルの新業態検討

 10月29日(日)。クアラルンプール早朝発のマレーシア航空MH388便で、午後上海到着。夕方、虹橋錦江ホテルにチェックインしたら、すぐに部屋でミーティング開始。

 第1ラウンドは、ビザイア社の趙会長と田中社長。面白いことに、趙会長との初対面出会いは、数ヶ月前の上海浦東空港だった。入国を済ませたところ、「もしや、立花先生?」と声をかけてきたのは趙会長。偶然にも同じベトナム発の便に乗っていた。

 数分間の立ち話で今度ゆっくり話そうと約束したことが今回で実現した。正直日本語ビジネスコンテンツ関係のメディア事業をされていることは理解したが、今回の話でそれを超えた内容を聞かされた。

 アジア対象とする日本語ビジネス情報をよりアクセスしやすい状況にし、クラウドテレビ会議・セミナー・顧客コミュニケーションといった包括的プラットフォームを構築する、このような事業であった。

 というよりも、ちょうど良いタイミングに、私が考えていた自分のコンサル事業の形態変革とぴったり一致する部分がたくさんあったのだった。

 いま、中国とベトナムの2拠点をメインにしているだけでも、かなりハードな状態になってきている。何よりも、物理的な移動にもっとも時間や労力、金銭的費用がかかっている。これもひとえに対面という形に拘ってきたからだ。

 同じ中国でも、たとえば広州や重慶からリクエストがあっても、応えられない。アジアでも、ジャカルタやバンコク、あるいは西アジアのインドに目を向けようとしても、やはり物理的な制限で限界を感じている。さらにいえば、アジア地域の日系企業の現地従業員教育など、挙げたらきりがない。

 この制限をどうやって突破できるか、最終的にコンサル事業と最新のIT技術との融合にしか答えが見出せない。と、私がいま描いている事業像、それが趙会長のビザイア社との連携によってどこまで実現できるか。私にとって、大きな楽しみが1つ増えたといえる。

居眠り一睡もさせない研修会、大成功ながらも課題山積

 2日間のベトナム人マネージャー研修が終了した。

 「いつもの研修なら居眠りでしたが、今回の2日間、まったく『一睡』もできませんでした」「こんな面白い研修、参加したことがなかった」「人生もキャリアも何か変わったような気がします」・・・。

 受講生たちのフィードバックが私に対する最大級の賛辞だった。これ以上嬉しいことはない。本当に嬉しい。初のベトナム人人マネージャー研修、どうやら大成功だった。

 ただ問題がないわけではない。2日間の研修で、数々の課題が浮上した。そもそも論になるが、マネージャーとは何か。従業員の年次延長なのか、それとも経営者の一員か。

 本質的な部分。経営幹部の候補選抜なら、まだまだ入口の一歩手前くらいしか到達していない。完全な経営者目線の育成、本人たちだけでなく、上司や会社、制度など多元的な要素が絡んでいる。

 山積の課題を抱えて、次の一歩を踏み出したい。

ベトナム人幹部研修、事例学習で激論繰り広げられる

 連日の研修会。ホテル監禁状態が続いている。ベトナム人マネージャー研修は丸2日。幸いにも逐次通訳が入るので、少し休める。

 あとはびっくりされるのは教材がないこと。当日その場の受講生の状況によって臨機応変に研修内容を変えるからだ。実際に職場の事例が上がった場合、その事例を使ってディスカッションが始まる。

 さらにそれが呼び水になって、新たな課題や事例を引き出したりすることもしばしば。身近な事例で議論が活気づくことは何よりも研修効果を上げてくれる。

 1日目の研修は、社員旅行の予算問題が事例学習となり、両グループが激論を繰り広げてくれた。素晴らしい。

<続き>

ベトナムで「立花塾」スタート、幹部中堅育成研修

 世間にはマネージャー研修が数多くある。研修を受けさせてもなぜか効果が薄い、あるいは長続きしない、そうした苦い経験をもつ管理職が多い。故に、研修はまず、実効性に着目したい。

 この研修はたった2日間で終わるわけではない。研修終了後の実効性を検証しながら、次のステップにつなげて行くため、受講生の上司も巻き込み、職場でのフォロー役をお願いする。

 ベトナム人幹部・中堅社員には、企業が大きな期待を寄せながらも、ミスマッチな部分が出てきたりする。期待される責任感や役割、あるいは結果とのギャップは、どういう原因でどのように生まれたのか、そしてどのようにしてこれらの課題をクリアし、彼らの段階的な成長を実現させるのか・・・。

 このような課題を念頭に置き、「立花塾」幹部・中堅育成クラスベトナム版の製作に取り掛かった。このたびはまず第1期第1回目、10月10日~10月11日の両日ハノイで開催する。私が2日間、ベトナム語通訳を介して講師を務めさせていただく。

<研修の主な予定内容>
 ● 「考えて働くこと」と「サバイバル」
 ● 企業組織の構成員・リーダーとしてのあり方
 ● 思考回路と思考力の基本
 ● 問題はどこか?原因究明のアプローチ
 ● 課題の特定と最適解決策の決定
 ● ビジネス現場におけるロジカルシンキングの実践的活用
 ● 経営とは?会社経営の仕組み
 ● 経営者目線とは?
 ● 結果を求める、利益を上げる仕組み
 ● 経営的視点からのコスト意識と管理会計の基本

<研修後フォロー>
 ● 研修結果報告の送付
 ● 受講生の変化確認
 ● 課題抽出・ステップアップ

 お問い合わせ・受講のお申込みは、こちら

今日の中国は、明日のベトナム

 ベトナムの人件費コスト上昇が止まらない。さらに、労働者を過剰保護する労働法制に起因する解雇難や、労働生産性の停滞といった負の要因と相まって、企業管理面の課題は山積。

 財務・労務・法務面において、唯一の解決策といえば、私が考案した「3階建人事制度」しかない、と自信をもって断言する。

 「今日の中国は、明日のベトナム」

 中国で60社に上る日系上場企業の導入実績で証明された「3階建人事制度」の威力は、ベトナムにおいても発揮されるべく、すでに在越日系企業における導入が始まった。

 6月のホーチミン・セミナーに続き、10月9日(月)午後、ハノイの日航ホテルで「3階建人事制度セミナー(ベトナム版)」を行う。「3階建人事制度」とはどのようなものか、なぜ必要か、それがどのように機能するか、その全貌とメカニズムを徹底解説する。

<予定主要内容>

● ベトナム経営現場の三大課題のメカニズム
  1. 賃上げと人件費コスト上昇の課題
  2. 無期限労働契約・終身雇用の課題
  3. 企業労働法務・人事労務制度の課題

● 「3階建人事制度」のメカニズム
  1. 制度の基本構造と概要
  2. 三大課題を如何に解決するか
  3. 現行制度の変更・新制度導入の諸課題

 是非、在越日系企業経営者の皆様のご参加をお待ちしております。

ハノイでセミナー、ベトナムでの募集・採用とは?

 7月24日(月)、ハノイ。午前は顧客相談、午後はセミナー。テーマは、「ベトナムでの募集・採用・試用期間管理」。満席開催。

 刹那の面接、短い試用期間。多くの従業員は本採用を獲得するために、猫かぶっている。「何でもできます」「何でもやります」のはずだったが、後から気がつけば、違うんじゃないかと。

 会社としては、一人ひとりの採用や育成に多大なコストとエネルギーを投入している。これらの投入を無駄にしたくない。すべての全てが、募集・採用・試用期間という水際作戦にかかっている。

 ベトナムでの採用は特に何に注意すればいいのか、事例も交えて4時間の研修会だった。募集・採用といえば、次は人材育成。10月に、ベトナム人中核社員・幹部候補・幹部向けの研修会を行う予定だ。

 だんだん佳境に入っていく・・・。

がっつり朝食にミニ昼寝、セミナー続きの出張

 宿泊中の上海虹橋錦江ホテル。いつも1階のカフェで朝食を取っていたが、27階のラウンジも使えるので、最近は27階に場所を変えて朝食を取っている。

 27階のエグゼクティブ・ラウンジは、イタリアン・レストランに併設されているような形で、1階のカフェよりもずいぶんこじんまりとして静かだ。小規模だけにブッフェの種類はやや少ないが、品質は上々だ。

 セミナーの日は、朝食をがっつり食べて、ランチを抜くようにしている。昼の時間は貴重なので30分でも昼寝すれば、午後のコンディションがずいぶん違ってくる。通常のセミナーだと、午後13時30分から17時30分まで、途中1回しか休暇がないので、結構きつい。

 ということで、東京から上海、そしてホーチミンへと出張が続くが、移動日を除いて毎日セミナーがセットされている。まだ50代前半なので、なんとか体が堪えられる状態だ。

 本日は、上海からホーチミンへ移動。

日曜の終日講師、一般管理職向けの人事労務研修

 6月25日(日)。早朝から上海郊外松江にある某日系企業で終日幹部研修。

 業務のない休日に研修を受けたいという顧客企業の要望と、私の出張日程のフル活用という好都合が一致したための日曜研修。とりあえず朝から渋滞に巻き込まずに済むのが嬉しい。

 今回の研修は、全管理職の人事労務管理研修で1年間にわたり全12回の予定。人事部以外の人事研修は意外にも難しい。あまり専門的な労働法の解釈と運用よりも、現場の実態に即した分かりやすい講義が望ましい。

 今回もクローズド環境の社内研修なので、同社内の実例を挙げて分析・解説したり、一緒に考えたり柔軟に研修内容を調整して進めている。全員から活発な発言と参加があって、いい感じだ。

 私にとっても充実な1日だった。健全な疲労で、夜は22時過ぎに熟睡に就いた。