「5年ルール」作動の年、企業労働政策・制度構築のヒントを考える

 日本国内では、2018年というのは、いわゆる「5年ルール」の期限を迎え、雇用現場における節目となる年である。  2013年施行の改正労働契約法によって、「有期雇用契約の労働者(契約社員)が同じ会社で
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。