社長は全社員を幸せにしてはならない

 社長は全社員を幸せにすることはできない。する必要もない。してはならない。

 社長は優秀な社員を幸せにし、永く働く心を植え付ける。その一方、ぶら下がり社員を決して幸せにしてはいけない。居心地を悪くし1日も早く会社を辞めさせることが社長の責務だ。

 全社員に好かれたいという経営者は、経営者失格だ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。