戦時代の再来も、MH17便は世界史を書くか

 プーチンはあと1日~2日決断しないと、まずい。

 マレーシア航空17便の撃墜、ウクライナ政府軍の故意攻撃か?親ロシア武装勢力の誤射か?二つの可能性。

 墜落地点は親ロ武装勢力のテリトリー。事故調査チームの立ち入り調査を規制、妨害する親ロ武装勢力。一方、ミサイルの運搬や撃墜前後の交信など親ロ勢力の犯行を裏付ける証拠が次から次出てくる。

 この状況が続く限り、プーチンは親ロ勢力を切り捨てないと、自分自身が危なくなる。そろそろ今夜か明日あたり、決断時だ。

 プーチンが徹底抵抗した場合、事態が膠着し、二大陣営の冷戦時代の再来もあり得る。世界情勢が今後大きく変わる可能性も・・・。マレーシア航空17便撃墜は、世界航空史だけでなく、世界史にも何らかの形を残すかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。