<上海>炭火焼き鳥・炭姫、スモーキーと香り絶品焼き鳥

 私が週1回ほど使っている食堂代わりの店です。焼き鳥は、本当に美味しい。日本よりも美味しいくらい美味しいといったら、褒めすぎなのかもしれませんが、中国にしては、こんな美味しい焼き鳥は少ない。

20935ハツとレバー、見た目よりもずっと美味しい

 リーン、リーン・・・

 「もしもし、立花様でいらっしゃいますか、焼き鳥の炭姫です。おめでとうございます。今月の番付、大関が当たりました。300元の食事券を差し上げますが・・・」

 私は、2回大関に当たったのです。

 私は、非常に、くじ運の悪い男ですが、なぜか、この「炭姫」では、二回も抽選で当たっているのです。カラクリをマスターが説明してくれました。

 常連客は、みんな名前を登録して、メンバーズカードを持っているのです。毎回の売り上げを合算して、毎月の集計で、合計金額の多寡で相撲番付順位が決まるわけです。ですから、抽選でも何でもない。売上げ金額に応じた特典券のようなものです。それはそれでよいのです。胡散臭い抽選よりも、はっきり売り上げだよと明白にした方が気持ちすっきり。

20935_2牛タン
20935b_2ねぎまとしょう肉

 要は、もっとたくさんお金を使ったら、横綱も当たります?!

 この店は、とても面白いシステムを導入しています。日本酒や焼酎ボトルをキープすると、勘定するときに飲み残した分量を電子秤で測ります。残量データは、メンバーズカードに印字されます。そして、次回は、その分量だけ出されます。つまり、一般の店のように、ボトルの首に「立花」の札がぶら下がっているようなことはありません。

 肝心な料理は、基本的にどれも美味しい。中でも、やはり、焼き鳥とタンがとびきり旨い。

 以前、仙台の方が関わっていたとかという説もありますが、本場仙台の牛タンの貫禄があります。厚切りの牛タンは、とにかく柔らかくジューシーに焼きあがっているので、なかなかの味!ただ、日によって、出される牛タンの部位が微妙に異なるようです。運の良い日は、牛の舌の付け根付近の部分が入っていたりします。付け根付近は、霜降り状の出現率が高く、「トロタン」とも呼ばれ、極上の味となる。

20935_3手羽先
20935b_3 丸ごとキャベツ

 焼き鳥といえば、私は、レバーとつくね以外は、絶対的な塩派です。この店は、焼具合が抜群です。表面がいい具合にスモーキーになっていて、香りが最高。欠点といえば、串によっては塩を振りすぎ。酒が進むので、ちょっとしょっぱめにするのが、もしや商法?でも、美味しいです。高血圧には悪いんですけどね・・・食べちゃいます。

 焼系は、何でも旨い。ハツがプリプリふっくらと最高の歯ごたえ。つくねは、うずら卵内蔵の豪華版です。魚は大したことない。ホッケも焼いてくれますが、北海道でホッケを食べたことのある人は、やめた方が良い。パサパサして味気がない。焼き鳥屋は、やっぱり鳥に限る。

 お食事は、焼おにぎりも、鶏ラーメンも美味しい。

 店内の和紙系照明と癒し系BGMでゆっくりと食事することができます。カウンター席には、一人でも定食を注文することができます。

 余談ですが、「炭姫」は、香港コーズウェイーベイにも支店を出したが、香港支店は値段が高いうえ、量が少ない。私は、断然上海店派です。

20935_4とりわさ

★炭火焼き鳥・炭姫
<住所>   上海市長寧区武夷路420号 (武夷路×定西路、交差点西側50メートル)
<電話>   021-6210-5563
<営業>   17:30~00:00
<予算>   100元~300元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。