鯨呑から蚕食へ、共産主義はすぐあなたの傍に生きている

 「1億3500万人を殺した共産主義は、今も健在。昔と違ったことに、共産主義を担いでいるのは、共産党ではなくなり、自称リベラリストの白痴たちである」 

 共産主義が侵食しているのは、アメリカだけではない。日本もだ。暴力革命による政権の奪取から、イデオロギーの段階的侵食と拡大に攻撃の形態が変わり、より気付きにくくなっている。共産主義は、鯨呑から蚕食へと変わった。

 共産主義は、すぐあなたの傍に生きている。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。