ロイターよ、恥を知れ!

 トランプ大統領のツイッター投稿に刷り込まれたロイター発の「バイデン当確」メッセージ。大統領当選を確定するのは、ロイターではない、米国最高裁だ。

 私はかつてロイターの社員として働いた。報道は水のような、空気のような無臭、無色、透明なものでなければならない。私は世界一公正なメディアで働くことを誇りに思っていた。私はロイターを退職して20年経っても、気持ちに変わりなく、この会社を尊敬してきた。

 しかし、その気持ちは今回の選挙報道で完全に消えた。ロイターは裁判所ではない。第4の権力としての矜持も、報道機関としての使命感・社会的責任感も失った。ロイターニュースの下方に社是、「信頼の原則」が記されている――。

 「ロイターは、いかなる利益、集団、または派閥にも関与してはならない。ロイターは常に完全性、独立性、偏見なき立場を維持しなければならない。……」

 やっていることと言っていること、乖離している。ロイターよ、恥を知れ!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。