【セミナー】『就業規則』作成指導セミナー(上海9/3)

「企業の憲法」をしっかり整備・運用すれば、人事労務が強くなる!必殺技を教える

■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■
【セミナー】 ★ 『 就 業 規 則 』作 成 指 導 セ ミ ナ ― ★
<上海会場> 9月3日(木) 13:30~17:30 【満席】
9月4日(金) 13:30~17:30 【満席】
【少人数限定・講師対話、会議室タイプ研修会】
~完全新法対応~
■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■

 「就業規則」は、企業の憲法です。せっかく作った「就業規則」ですが、法的拘束力をいったい持っているのか。いざというときに、「就業規則」は企業の強い味方になってくれるのか。様々可能なリスク・シナリオを想定し、先回りして手を打っておく、このような緻密周到な「就業規則」があれば、人事労務管理はぐっと強くなります。中国特有の人事労務上のトラブルを想定し、予防策やリスク回避策をふんだんに盛り込んだ「就業規則」の作り方、そして法定民主的手続きの履行方法及び制度の有効な運用方法をすべて教えます。 是非、奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

■【予定主要内容】:
 ★ 仲裁・裁判で敗訴に追い込む「就業規則」の不備はここにある!
 ★ 「就業規則」の法的拘束力とは?
 ★ 日系企業の「就業規則」の問題点
 ★ 「就業規則」作成の鉄則
 ★ 用語の定義・範疇と規則の合法性
 ★ 正規社員・派遣社員の適用
 ★ 入社から退職までの人事労務管理の標準化とコンプライアンス
 ★ 勤務時間と休暇制度の標準化とコンプライアンス
 ★ 勤務規律の正しい定め方
 ★ その他各種周辺制度の設置
 ★ 奨励懲罰制度の合法化と合理化
 ★ 文書と証拠保全の標準化と仲裁対策
 ★ 従業員代表と労働組合対策
 ★ 法定民主的手続による規則の制定
 ★ 質疑応答・事後回答質問受付

■【講   師】:  立花 聡  エリス・コンサルティング 総代表兼首席コンサルタント
華東政法大学 法学博士研究生 (中国労働法、経済法)、復旦大学法学修士、中欧国際工商学院経営学修士(MBA)

■【特別顧問】:  董 保華  教授・律師(弁護士)、エリス・コンサルティング 首席法律顧問

■【日時・会場・人数】: <上海会場>
2009年9月4日(金) 13:30~17:30 (13:00開場)
上海市烏魯木齊北路505号 上海賓館2階 明軒庁 (定員14名)

■【受講料】(資料費込):
 □ 一般参加・・・・・・・・・・・・・・・1,200元/名
 □ ERIS法務会員様・・・・・・・・・・800元/名
 □ ERIS顧問会員様・・・・・・・・無料 (2人目より 800元/名)
 □ 上記所属が分かりません・・・当社スタッフがご案内致します

■【参加申込】: 下記申込書にご記入のうえ、こちらまでご返信ください。

■【お問い合わせ】: 電話:021-6249-4882 メール

■■■■■■■■■■ ERISセミナー参加申込書 ■■■■■■■■■■
参加申込書の 返信先
(1)会社名:___________ (2)部署名:_______
(3)お名前:___________ (4)E-mail:_______
(5)TEL: ___________ (6)FAX: ________
(7)住所: ______________
(8)『就業規則作成指導セミナー』への参加を申し込みます。
 □ <上海会場> 9月4日(金) 13:30~17:30
(9)ご参加者:__名
 ① お名前:_____ 役職:___ E-mail:_______
 ② お名前:_____ 役職:___ E-mail:_______
(10)受講料(教材資料込):
 □ 一般参加・・・・・・・・・・・・・・・1,200元/名
 □ ERIS法務会員様・・・・・・・・・・800元/名
 □ ERIS顧問会員様・・・・・・・・無料 (2人目より 800元/名)
 □ 上記所属が分かりません・・・当社スタッフがご案内致します
上記 □ いずれかをご選択ください。折り返し請求書送付をもって振込先をご案内致します。領収書は郵送又は当日お渡しとなります。セミナー・研修会開催3日前以降のキャンセルは、受講料をお返しできません (ご参加者の変更可)。
(11)ご質問記入欄:__________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。