新年に「新」を考える

 「New Year」が良くて、「New Normal」はダメ。「New」が全て良いわけではない。

 「新発売」や「New Version 」もまた然り。古くても良いものがたくさん捨てられた。懐旧だけでなく、復古も必要だろう。「新」に飛びつく人には、必ずしも幸運が待っているわけではない。

 現代人は、「新=善」という概念が刷り込まれている。正確に言うと、「善・悪」二元論が基本的思考回路の基盤になってしまった以上、能動的に懐疑できなくなるし、批判的思考の機能も喪失する。

 愚民層はこうして形成されるのだ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。