北欧休日(18)~番外編・金持ちノルウェーの面白ランキング

<前回>

 ノルウェーと日本、どちらが金持ちか?

 ノルウェーの一人当たりの名目GDP (2009年)は、7万9085米ドル、世界で2位(1位はルクセンブルク10万4511米ドル)。日本の場合は、3万9731米ドルで17位。

42602_1柴犬はノルウェーで人気が高い(ベルゲン)

 お金持ちのノルウェーだが、当然物価も高い。世界のビッグマック価格ランキング(2010年7月21日時点の価格、為替レート:1 米ドル=87.19円)では、ノルウェーが世界1位で628円、それに対し日本は17位の320円。

42602_2
42602b_2ノルウェーの犬たち(上はフェリー乗船中の犬)

 世界で最もタバコの価格が高い国は、ノルウェー。1箱は何と11.48米ドル。日本(1箱=2.82米ドル)の4倍以上も高額なのである。タバコ税では、1位のノルウェーは、1箱あたり約8.7米ドルものタバコ税がついている。それに対し、日本は約1.7ドル。(WHO Tobacco Atlas 2009)

 世界で最も住みやすい国1位は、ノルウェー。国連開発計画(UNDP)が1 人当たり国内総生産(GDP)や就学率、平均寿命などを使い、国民生活の豊かさを示す指数を算出している。住みやすさでは、日本は10位。

 ランキングは見つからなかったが、ノルウェーはペットの多い国だ。公共交通機関にも犬が堂々と搭乗している。ペットにとっても、世界で最も住みやすい国ではないだろうか。

 世界で母親になるのにベストな国1位は、ノルウェー。2010年「母の日」を前に、子ども支援の国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」が発表したデータ。日本は32位。

42602_3ノルウェー・クローネ
42602b_3ユーロ

 意外に知られていないのだが、ノルウェーは、サウジアラビア、ロシアに次いで世界第3位の産油大国である。いわゆる、北海原油、ノルウェー沿岸の北海大陸棚で採掘される石油、天然ガスなどの資源がノルウェーに大きな富を与えている。

 ノルウェーは1994年の国民投票でEU非加盟を決定している。通貨はノルウェー・クローネ。ヨーロッパの通貨がユーロに統合されていくなか、ノルウェーが非EU国家であることから、「スイス・フラン」とともに富に名高い欧州の通貨である。

42602_4
42602b_4悠々自適に旅するお年寄りたち(クルージング中)

 ノルウェーは世界トップクラスの福祉国家である。年金生活は快適。最近の統計によると、退職者の平均預金高は50万クローネ(約1700万円)で、多くは退職直前の給与の9割から10割の収入を毎月得ているという。私のノルウェー旅行中にも、いたるところに定年後の老夫婦が悠々自適に旅している光景に出会う。羨ましい限りだ。

 そんなノルウェーだが、日本とどちらが良いか。人の価値観にもよるが、私はやはり日本が世界一素晴らしい国だと思っている。世界のどこを旅しても、日本経済がどんなに崩壊の道を辿っていても、日本の悪口をどんなに言っても、日本をこよなく愛している。また、日本に良くなってほしい。日がまた昇る日がいずれくることを固く信じている。

<終わり>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。