強者と弱者の分類

 昨日の投稿の続き。強者と弱者、どうやって分類するのか。いろんな分類の仕方もあるだろうが、その人その人の自己基準で規定してもいいと思う。ただ1つだけ、強者が悪、弱者が善と思っている人たちは恐らく、自分たちは自己定義での弱者であろう。

 強者と弱者、経済力は唯一の基準ではない。金持ちの弱者もいれば、貧困どん底の強者もいる。さらに強者の弱化もあれば、弱者の強化もある、と動態的に変化している。

 ちなみに私は自分が常に強者だと思っている。生活に余裕があるときも、貧困のどん底に陥ったときもだ。自分は自分の人生や運命の主人公だと思っている。私のなかには強者の定義があっても、弱者の定義は存在しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。