「隔離」を楽しもう、かけがえのない時間

 来月に予定していた、東マレーシア・コタキナバル離島での休暇は、キャンセルになった。飛行機は運休。リゾートホテルも営業中止。新型コロナウイルスの隔離(行動制限令)期間が一応4月14日までだが、どうも長期戦に突入しそうな様相だ。

 出張や旅行がなくなり自宅にとどまる分、愛犬を含む家族と一緒に過ごす時間が増えた。かけがえのない時間である。

 現代社会。仕事や社交活動で、人は家を離れ、外での滞在時間が長くなった。特に日本社会では、会社が「家」に取って代わり、共同体の基本単位になった以上、「家」という絆が相対的に薄弱化した。今回のコロナ禍に起因した「隔離」は、その逆方向に作動し、むしろそうしたプラス面も見せてくれた。

 感謝。これからもしばらく、「隔離」生活と豊かな人生を存分に楽しみたい。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。