私はこうして会社を辞めました(57)―逃げ道は断たれる

<前回>
(敬称略)

24181独立後取った最初の中国労働ビザ

 2000年6月30日、私、立花聡は、サラリーマン生涯に終止符を打った。

 もう、毎日憂鬱な気分で会社の玄関をくぐることはなくなると思うと、肩から力が抜ける。

 「大企業よ、私は、必ずやってみせる、必ず成功してみせる」、心の中でつぶやきながら、悲劇のヒーローを気取った気分に酔いしれる自分は、不思議な高揚感に包まれる。

 会社に背を向けて街に一歩、二歩と、踏み出す。東京の街は、いつものように、車の騒音、早足で歩くビジネスマンたちで熱気が溢れている。私は一瞬ぼう然とした。さあ、どこへ向かうか。行く先がない。行く先を考えていると、歩くスピードが落ちる。すると、右からも左からも一人、二人、三人と次々と早足で先を急ぐ人たちに抜かれていった。突然と、私からは、先あった高揚感がきれいに消え去った。取って代わられたのは、自分がこの街から排除された孤独感だった。次第に、孤独感が恐怖感に変わってゆく。

 駅近くのカフェに腰を下ろし、気を取り戻す。これからやらなければならないことを一つ一つ手帳に書き出し始めた・・・

 多くの起業家のように、緻密な計画を立て、事業資金を用意してからの独立ではなかった。四方八方の逃げ道を一つ又は一つ断たれる中での背水の陣だった。

 起業資金は退職金の300万円余り、資産は3年間償却済みの古いノートパソコン1台、社員は私と妻の2人。預金を取り崩しながら生計を維持できるのは、1年程度。2001年の夏までが勝負。それまでに事業を軌道に乗せることに失敗したら、路頭に迷うことになる。

 当座の生活資金は、失業保険で当てることにし、私はハローワークに通うことにした。会社で加入していた年金も脱退し一時金をもらい、ロイターの社員持ち株も全数売却した。少しでも手元の運用資金を増やそうとした。

 旅行などはもちろんできなくなった。豊かな生活は歴史になった。友人に誘われても理由を作って飲み会を断った・・・今後の事業や生活の見通しがまったく立っていない。焦る気持ちを隠しながらも、妻から聞かれるとどう答えるか分からないため、それらしきムードになると、慌てて話題を変えたりもした。しかし、妻からは、一度も聞かれたことはなかった。彼女は黙々と家事をし、仕事の手伝いに没頭していた。

<次回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。