9月・コンサルティング業務のアップデート

 最近ブログを見る顧客が増えてきていますので、私からの連絡事項はこのブログにも掲載することに致します。

(1)セミナー

 9月10日(金)上海花園飯店(オークラ・ガーデンホテル)で開催予定の「新労務派遣政策と実務運用セミナー」 は、定員30名超過のため、15席を増席致しました。現在、残最後2席を弊社事務局の方でご案内中です。案件受注負荷が相変わらず満杯状態です。上記セミナーをもって、10月は原則、セミナー・研修会開催を休みとさせていただきます(労働法令公布等による緊急開催除く)。

(2)コンサルティング料金改定

 9月に今年2度目のコンサルティング料金改定を行います。セミナー・研修会受講料は据え置きとする以外、案件等のコンサルティング料は平均10%~20%程度引き上げさせていただきます。ただし、すでに見積提出したケースでは、見積書有効期間内には、変更なしと致します。

(3)コンサルティング往訪の原則中止

 上海市中心部から片道車1時間圏内以外の新規契約案件について、必要な現地調査・ヒアリング以外の打ち合わせは、原則コンサルティング往訪を行わず、ご来社いただきます(すでにご契約済みの案件、進行中の案件は従来通りの約定で変更ありません)。昨今、中国国内線遅延の常習化に伴い、移動・途中待機時間の急増が主な背景になっています。

(4)相談の全面有料化

 案件引き受け可能性打診等以外、実質的にコンサルティング要素の多い質疑応答や相談は、原則すべて有料スポット相談として、1時間2,500元の相談料を申し受けます。その後案件契約となった場合、相談料分は料金総額から差し引かせていただきます。

(5)英語対応

 制度や契約類は、中国語、日本語以外に、英語版の製作もお引き受けさせていただけます。ただし、最終的に外国人によるネイティブ・チェックが必要な場合、別途、その実費をお支払いいただきます。

 以上よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。