南部アフリカ紀行(1)~ナミビアへの道、アディスアベバ経由便

 遅めのゴールデンウィーク休暇で南部アフリカへ出かける。

 5月3日(木)深夜23時クアラルンプール発のエチオピア航空ET639便で、まずはシンガポールへ2時間弱の立ち寄り。日付が変わって翌未明2時、飛行機はシンガポールを飛び立ち、アフリカ大陸に向かう。

 早朝6時前に、予定時刻よりも早めにエチオピアのアディスアベバに到着。

 そのままラウンジで2時間弱の乗継待機。今度はエチオピア航空ET835便に乗り込み、さらに6時間のフライト。いよいよ機内食は食べられない状態だ。

 5月4日(金)現地時間13時、ついに地球のほぼ裏側、ナミビア首都ウィントフックに到着。

<次回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。