スタンプ詰めの苦労、パスポートのページが足りない!

 パスポートを如何に長持ちさせるか、大変苦労している。何よりも1ページに最大限のスタンプを詰めることが重要だが、詰めるよりも、諸国の出入国係官に詰めていただくわけだから、笑顔でお願いするしかない。

 写真に写っているマレーシアの出入国スタンプページだが、1ページに10個のスタンプ(5回出入国)が最大。毎回、係官に「スペース節約のご協力をお願いします」という具合にやってもらっている。

 パスポートの更新手数料をケチっているわけではない。海外で仕事をし、海外に住んでいる私の場合は、パスポート番号が変わると、大変なことになる。外国での労働許可書から居住ビザ、運転免許証、銀行口座、クレジットカード、携帯電話登録、海外企業法人代表者登記、APECカード(ABTC)などまですべてがパスポート番号に連動しているから、すべてを変更しなければならない。この手続には莫大な労力と時間がかかるからだ。私と同じ状況にある人も大勢いると思う。

 来年から発行される日本のパスポートは増補ができなくなる。私の場合、マレーシアでの居住ビザが更新され、新型ビザで本拠地マレーシアの出入国は自動ゲートを使えるようになるのがメリットだが、総ページ数の大幅減という不利益はやはり大きい。

 日本のパスポートは世界一ビザなし渡航国が多いことになっているが、なぜか私の行きたい国はビザ貼付を必要とする国が多い。本当に困ったものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。