FISA裁判とは?米大規模投票不正事件の行方

 米国の大規模投票不正事件は、外国勢力が絡んで、米国政権の転覆(クーデター)を企図したものである場合、一般の司法ルートではなく、FISA裁判に委ねられることになる。

 FISAとは、スパイ活動、テロ活動、国家反逆活動など外国勢力と関わりのある人物を対象に監視を含む諜報活動を行う権限である。政府機関がFISA裁判所にFISA令状を申し出、令状が許可されれば、監視を含む諜報活動を行うことができる。

 FISA裁判所は、1978年に設立され、その判事は、連邦裁判所判事により任命される。FISA裁判所は秘密法廷であり、関連情報は公開されない(ネットで調べても情報が出てこない)。FISA裁判所の審理は、国家安全情報に関わるため、陪審団も証人も存在せず、情報に依存するのみで、情報源とその信憑性、複数チャンネルの情報による立証における整合性が重視される。

 FISA裁判所の権力は米国最高裁判所と並行し、判事による判決は最終判決として確定し、上告はない。法廷審理は非公開であり、場合によっては一部抜粋された情報を公開することもあるが、すべての情報を公開することはまずない。訴訟の秘密性により、米国政府が許可した特別免許を保有する弁護士の出廷のみが認められている。

 国家安全を脅かす情報が一旦確定すれば、実質的抗弁すらできない状況であるため、FISA裁判所の被告にさえなれば、ほぼ有罪確定となる。

タグ:

コメント: FISA裁判とは?米大規模投票不正事件の行方

  1. fisa裁判所は、現職大統領をもさばけると聞きました。拝登が大統領になった後も裁けるということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。