コロナ後はインフレ?世界経済秩序の再編

 コロナマネーがだぶついて株価を押し上げている。では、コロナ後はどうなるか?

 シナリオは2つある。その1は、インフレ。ただ、コロナ激症化・長期化し、失業貧困化が広がった場合、コロナ後の消費は萎縮し、デフレにぶれる。貨幣価値の下落と相殺して均衡するという妙な現象が生じるかもしれない。

 富の移転で格差が広がる。消費市場の構造も、マーケティング面のセグメンテーションも変わり、業者には明暗が分かれる。

 不動産資産価格の下落も考える必要がある。大量失業で自己破産が激増し、競売を含めて物件の大放出を背景とする。資産減も消費意欲を削ぐ。

 世界経済秩序の再編だ。2021年末が1つの区切り。なんとかコロナが終息しなければ……。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。