立花聡著書(共著)『台湾有事 どうする日本~2027年までに中国の台湾侵奪はあるか』刊行予定および購入予約開始のお知らせ

 立花聡はこのたび、著書(共著)『台湾有事 どうする日本~2027年までに中国の台湾侵奪はあるか』を上梓し(東アジア情勢研究会編集 方丈社 2021年7月29日刊行予定)、Amazon等ではすでに購入予約が始まりましたので、ご案内いたします。(立花聡は、『第7章 日台第一列島線同盟タスクフォースFICATの構築』を執筆)

台湾有事 どうする日本
~2027年までに中国の台湾侵奪はあるか

目次

 ● はじめに
  江口克彦(元参議院議議員、李登輝基金会代表)

 ● 序章 次の100年に向け台湾と日本の民間交流をいかに強化するか
  謝長廷(台北駐日経済文化代表処処長)

 ● 第1章 日米豪印と英「拡大クアッド」の確立と台湾
  河崎眞澄(産経新聞特別論説員)

 ● 第2章 日台が民主主義の発展で国際社会をリードするために
  阿古智子(東京大学教授)

 ● 第3章 中国の海洋侵出を抑止する日台米間の安全保障協力
  髙井晉(日本安全保障戦略研究所所長)

 ● 第4章 台湾の地政学的地位と中国の統一戦略
  樋口譲次(日本戦略研究所研究員)

 ● 第5章 米国インド太平洋軍の台湾防衛
  小野田治前(航空教育集団司令官)

 ● 第6章 李登輝総統が願った「日本版台湾関係法」の実現
  早川友久(李登輝基金会研究員)

 ● 第7章 日台第一列島線同盟タスクフォースFICATの構築
  立花聡(経営コンサルタント)

 ● 第8章 テクノロジーにフォーカスすべき日本と台湾の新外交戦略
  李世暉(国立政治大学教授)

 ● おわりに
  河崎真澄(産経新聞特別論説員)

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。