台湾にできること、なぜ日本はできないのか?

 台湾は国内感染をゼロに戻した。政策はすごい。日本と違う、違いすぎる。政策が違うのは、その通りだ。で、なぜ違うのか?台湾人が賢くて、日本人は馬鹿でその政策を思いつかない。そういうことではない。

 日本人(日本社会)に本質的な問題が3つある――。

 1. 正論の探究(議論)ができないこと。
 2. 正論の実施ができないこと。
 3. 結果の総括ができないこと。

 上記を抑圧しているもの(上位阻害要因)は3つ――。

 1. 空気の支配。空気を読めない者は叩かれる。
 2. 失敗の恐怖。挑戦して失敗した者は叩かれる。
 3. 成功の恐怖。挑戦して成功した者も叩かれる。

 日本の問題は、問題自体ではなく、問題解決できない問題であって、問題解決に取り組めない問題であって、問題解決を試みることができない問題であって、問題所在を突き止めることすらできない問題だ。

 日本の問題は、問題解決の問題であって、人間自身の問題だ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。